共通の勉強法

リスニングがぐんっと上達するために知っておくべき英語の発音ルール20選

洋画や海外ドラマをみていたり、海外旅行に行って現地のひとたちの会話を聞いていると、「グシャグシャって聞こえるな」「日本で勉強した英語みたいにクリアに聞こえないな」と思ったことありませんか?

そうなんです。彼らは実際英語をギュッと縮めてグシャグシャって話してるんです。学校の教科書には載っていない英語を話しているってことですね。

だから、そのギュってするルールを知らないと英語が聞き取れません。逆に、そのルールさえわかっていれば、英語がみるみる聞き取れるようになります。

この記事では、ネイティブがギュッと縮めて話している英語について解説します。

gonna / wanna / gotta

gonna[ゴナ]=going to

wanna[ワナ]=want to / want a

gotta[ガラ / ゴタ]=have got to / got a

gonna / wanna / gottaは、英会話で超頻出の「ギュッとした形」です。

「going toはgonnaにできない場合もある!?gonna / wanna / gotta の意味と使い方」で詳しく解説していますので、あわせて確認しましょう。

あわせて読みたい
going toはgonnaにできない場合もある!?gonna / wanna / gotta の意味と使い方映画や海外ドラマを見ていると、gonnaやwannaやgottaっていう表現がでてきます。 それで、「gonnaとかwannaとか...

hafta

hafta[ハフタ]=have to

I hafta pull an all-nighter tonight. 

今夜は徹夜しなければならない。

“I have to pull an all-nighter tonight.”のhave toをギュッとした形です。

have toは単語ひとつひとつをしっかり読むと「ハフ トゥ」ですが、toは文の中に入るとふつう音が弱くなり、「トゥ」ではなく弱めの「タ」と発音されます。

all-nighterは、学校でのテストや仕事の締め切りのために徹夜するひとを表します。all-nighterを使って「徹夜をする」というときには、動詞はpullが使われます。

shoulda

shoulda[シュダ]=should have

I shoulda known it earlier. 

もっと早く知っとけばよかった。

“I should have know it earlier.”のshould haveをギュッとした形です。

should have(シュドゥハヴ)って発音するの、どう考えてもめんどくさいですよね。そもそもそこまで大切な情報でもないし。

そこでshould have[シュドゥ ハヴ]→should’ave[シュドァヴ]になり、さらに最後のve[ヴ]の音が抜け落ちてshouldaになったと考えられます。

coulda

coulda[クダ]=could have

We coulda done better.

もうちょっとうまくやれたはずだ。

“You could have done better.”のcould haveをギュッとした形です。

これもshould haveと同じ理屈で、could have[クドゥ ハヴ]→could’ave[クドァヴ]になり、さらに最後のve[ヴ]の音が抜け落ちてcouldaになったと考えられます。

woulda

woulda[ゥダ]=would have

I woulda said goodbye to her.

おれだったら彼女と別れたけどね。

“I would have said goodbye to him.”のwould haveがギュッとなった形です。

これも、shouldaやcouldaと同じで、would have[ゥドゥ ハヴ]→would’ave[ゥドァヴ]になり、さらに最後のve[ヴ]の音が抜け落ちてwouldaになったと考えられます。

そもそも伝えたいのって「(自分だったら)said goodbyeだわ」のところなので、would haveをギュッとして、そこまで最短距離でたどりつけるのがベターというわけです。

oughta

oughta[オータ]=ought to

We oughta keep an eye on him.

彼から目を離さない方がいい。

“We ought to keep an eye on him.”のought toがギュッとなった形です。

ought toは1つ1つの単語をしっかり発音すると「オートゥ トゥ」ですが、文の中ではoughtの”t”が”to”にかき消されて、ough(t) to[オー(トゥ) トゥ]のようになり、最終的に「オータ」になったと考えられます。

needa

needa[ニーダ]=need to

I needa hit the gym and do cardio.

ジムに行って有酸素運動しなきゃ。

“I need to hit the gym and do cardio.”のneed toがギュッとなった形です。

need toは1つ1つの単語をしっかり発音すると「ニードゥ トゥ」ですが、toが弱くなって「タ」と発音されて、さらにtoの”t”音がうち消され、need to[ニードゥ タ]→need (t)o[ニードゥ ア]→needa「ニーダ」になったと考えられます。

ジムに行くことを、hit the gymといいます。また、有酸素運動をするはdo cardioと表現できます。

kinda

kinda[カインダ]=kind of

Are you busy now? – Kinda.

今忙しい? ― なんていうか、まあ。

Kind of.がギュッとなった形です。

kind ofは1つ1つの単語をしっかり発音すると「カインド オヴ」ですが、”of”が弱く発音されて、kind o(f)[カインド ァ(ヴ)]→kinda[カインダ]になったと考えられます。

kind ofは「ちょっと」とか「まあ」とか「なんていうか」という意味を表すイディオムです。

sorta

sorta[ソータ]=sort of

I sorta like him.

わたしなんていうかちょっと彼のこと好きなんだよね。

“I sort of like him.”のsort ofがギュッとなった形です。

sort ofは、1つ1つの単語をしっかり発音すると「ソートゥ オヴ」ですが、”of”が弱く発音されて、sort o(f)[ソートゥ ァ(ヴ)]→sorta[ソータ]になったと考えられます。

sort ofは、kind ofと同じく、「ちょっと」とか「まあ」とか「なんていうか」という意味を表すイディオムです。

outta

outta[アウタ]=out of

I’m outta here.

帰ります。

“I’m out of here.”のout ofがグシャッっとなった形です。

out ofは、1つ1つの単語をしっかり発音すると「アウトゥ オヴ」ですが、”of”が弱く発音されて、out o(f)[アウトゥ ァ(ヴ)]→outta「アウタ」になったと考えられます。

I’m outta here.は、I am getting out of here.→I’m out of here.→I’m outta here.となったと考えられます。「帰ります」とか「さよなら」という意味ですが、フレンドリーなニュアンスではなく、事務的で、冷たい印象を与えます。

a lotta

a lotta[ァ ロッタ]=a lot of

There are a lotta things going on.

いろんなことが起こってる。

“There are a lot of things going on.”のlot ofがグシャッっとなった形です。

a lot ofは、1つ1つの単語をしっかり発音すると「ア ロットゥ オヴ」ですが、”a”や”of”が弱く発音されて、a lot o(f)[ァ ロトゥ ァ(ヴ)]→a lotta[ァ ロタ]になったと考えられます。

lemme

lemme[レッミ]=let me

Lemme get the door. 

玄関出るね。

Let me get the door.”のLet meがギュッとなった形です。

let meは、1つ1つの単語をしっかり発音すると「レットゥ ミィ」ですが、”t”音うち消されて、le(t) me[レッ(トゥ) ミィ]→「レッミ」になったと考えられます。

「玄関で客人の応対に出る」ことをget the doorといいます。また、「電話に出る」ことをget the phoneともいいます。

gimme

gimme[ギミ]=give me

Gimme a break. 

かんべんしてよ。

Give me a break.”のGive meがギュッとなった形です。

give meは、1つ1つの単語をしっかり発音すると「ギヴ ミィ」ですが、”v”音がうち消されて、gi(ve) me[ギ(ヴ) ミィ]→gimme「ギミ」になったと考えられます。

give me a breakは、失敗したときに「かんべんしてくれ!」「許して!」という意味で使ったり、うんざりしたときに「いい加減にして!」という意味で使ったり、あきれたときに「よく言うよ」「そんな馬鹿な」「冗談だろ」という意味で使ったりします。

gotcha

gotcha[ガチャ]=got you

Can you wake me up at seven? – Yeah, seven o’clock. Gotcha.

7時に起こしてくれる? ― うん、7時ね、わかった。

Gotcha.は、”I’ve got you [I got you].”のI’ve(I)が省略されて、got youがギュッっとなった形です。

Got you.は、「わかった」「了解」のほか、だれかを捕まえたときの「捕まえたぜ」やいたずらやドッキリが成功したときの「やったぜ」という意味もあります。

watcha

watcha[ワッチャ]=what are you

Watcha doing?

なにやってんの?

What are you doing?”のWhat are youがギュッとなった形です。

冒頭に出てきたgonnaと組み合わせ使うと、Watcha gonna do?(=What are you going to do?)のように使えたりもします。

betcha

betcha[ベッチャ]=bet you

I betcha this movie is better than you expect.

この映画思ってるより絶対いいよ。

“I bet you this movie is better than you expect.”のbet youがギュッとなった形です。

betには「賭ける」という意味があるので、I bet you ~.は「賭けてもいい」「絶対に~だから」「間違いないから」というニュアンスを含みます。

dunno

dunno[ドゥノ]=don’t know

Where is my pen? – Dunno.

ペンどこにあるかわかる? ― 知らない。

“I don’t know.”の、Iが省略されて、don’t knowがギュッとなった形です。

dunnoは”don・no”というように2つの節からできていて、発音するときは2つ目の節の「no」を強調します。

cuz / cos

cuz[カズ]=because

You are always so sweet. – Cuz I love you.

いつもやさしいよね。- 君のこと好きだからね。

Because I love you.”のBecauseがギュッとなった形です。

アメリカ英語ではcuz、イギリス英語ではcosが使われることが多く、発音は「カズ」です。

短縮した形を使うときの注意点

ギュッとした英語の形は、基本的に話し言葉で使われます。

書き言葉として目にする機会は、話し言葉をあえて文字に起こしたコンテンツに限られるでしょう。映画とか歌詞とか小説、あとはチャットとか。

ギュッと短縮した英語というのは、あえて悪い言い方をすると、「手を抜いた気楽なしゃべり方」だから、ビジネスなどのフォーマルなシーンでは好まれません。(というか信用を失いかねます。)友達や家族、仲の良い同僚と話すときだけ使うように気をつけましょう。

あと、カジュアルなシーンで使う分には、アメリカでは嫌がられませんが、イギリスだと嫌がられるとかなんとか・・・。

まとめ

今回の記事で紹介した英語の形は、「ネイティブっぽい表現」として英会話スクールなんかで扱われることが多いんですけど、ただ「ネイティブっぽい」ということを知識として知っているだけでなく、「ネイティブがよく使う表現だからこそリスニングで特に役立つ」とおぼえておいてもらえるとうれしいです。

実際に自分で使うときは、カジュアルなシーンのみっていうことも忘れないように。

ちゃんと使いこなしたら英語力がぐんっとアップする英語の形を解説しました。

引き続き、英語学習楽しみましょー!!