わかりやすい英文法

【わかりやすい英文法】I will と I’m going to の違い!意志・約束・心づもり・思いつき

その昔、学校の授業では「I will ~.=I’m going to ~.」と習いましたが、I will ~.とI’m going to ~.はまったく同じではありません。

だって、まったく同じならわざわざ違う形で表現する必要はないから。

I will ~.とI’m going to ~.を使い分けられていますか?

I will ~. のニュアンス

willは名詞だと「意志」という意味があります。助動詞のwillも同じように、意志を表すことができます。

意志を表す

助動詞のwillは「(将来)~するよ」というように、強い意志を表すことができます。

I will become a doctor one day.

いつか必ず医師になるよ。

I will merry her, Mom.

お母さん、俺彼女と結婚するよ。

意志を伝えるwillのポイントは、自分の意志をはっきり伝えるために、willの発音を軽んじないということです。

willは省略せずに、はっきり発音しよう。

約束を表す

willは単に自分の意志を表すこともできますし、相手に意志を伝えることによって、約束をする場合にも使えます。

I promise I will be there no matter what.

なにが起きてもそこに行くって約束するよ。

I’ll call you back later.

あとで折り返し連絡するね。

1つめの文は、I promiseを言わず、I will be there no matter what.だけでも表現できますが、I promiseを加えることで約束感を強調しています。

2つめの文では、I’ll call … というようにwillを短縮しています。意志を伝えるwillとは違って、約束をするwillは短縮することも可能です。

瞬間の決断を表す

ガチッと意志を伝えるwillがある一方で、カチッと今スイッチが入ったことを伝えるwillもあります。

Can you answer the phone? – I’ll get it.

電話出てくれる? ― 出るね。

Coffee or tea? – I’ll have a coffee.

コーヒーがいいですか?紅茶がいいですか? ー コーヒーをください。

会話をしていて、その場でなにかをさらっと決めるときに使われるwillは、さらっと短縮して使わる傾向があります。

I’m going to ~. のニュアンス

goingに「goしている」という語感があったり、toには「~へ」というようにそこに向かっている語感があるため、まさにそこに向かって動いているニュアンスを表すのがI’m going to ~.です。

心づもりを表す

willが瞬間の決断を表す一方で、すでに決まっている予定を表すときにはI’m going to ~.を使います。

I’m going to throw a party this weekend.

今週末パーティーを開くつもりです。

I’m going to sleep in tomorrow.

明日は遅くまで寝てるつもりだよ。

文法書によく書かれている間違い

文法書によっては、

「I’m going to 〜」には「I will 〜」より確実にそうするというニュアンスがある

と書かれているものがあります。この記事を読んでくれた方は、この説明の誤りに気付いてくれますよね?

確実性があるのはどっちかなんて、その文脈によるからわからないんです。こういうテキトーなことを書いている文法書やオンライン教材があったら、くれぐれも騙されないように気をつけましょう。

まとめ

willにもbe going toにも使い方はいっぱいあるけど、まずは自分の未来のことを表現する英語として、I will ~.とI’m going to ~.の使い分けを知っておこう。

I will ~. / I’m going to ~.

I will ~.

  • 大前提:意志
  • 使い方:意志、約束、瞬間的な決断を表す

I’m going to ~.

  • 大前提:~に向かっている
  • 使い方:心づもりを表す

▼参考:予測や進行状況を表すwillの使い方

It will rain.とIt is going to rain.の違いはなに?It will rain.とIt is going to rain.は、文法的にはどちらも正解です。 でも使うべきシーンは変わって...

▼参考:こちらもあわせてどうぞ

【教材編集者が厳選】英語初心者向けおすすめ文法書7選英語を勉強するにあたって、文法学習は欠かせません。 だからこそ、自分にぴったりの文法書を選んで英語学習を楽しんでほしい。効率的に基...