「今行きます」の間違い!なんでI’m coming?I’ll comeにはならないの?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

「今行きます」はI’m going.じゃなくてI’m coming.

ここまでは学校で習うけど、なんでI’ll come.にはならないのでしょう?

目次

I’m coming. / I’m going.

I’m coming.とI’m going.について、今一度確認しておきましょう。

comeは「来る」とおぼえがちですが、本当の意味は「相手のところに行く」です。それに対して、goは「相手のところから離れて行く」という意味があります。

「今行きます」は「今(あなたのところに)行きます」だから、goではなくcomeを使ってI’m coming.と表すことがわかります。

I’m coming. / I’ll come.

「今行きます」を英語ではI’m coming.といいますが、I’ll come.というのは不自然です。

「今行きます」というときって、まさにもう行こうとしているとき、もしくはもう向かっているときに使いますよね?

決断ていうよりはもう実際に動いているときには、<be動詞+-ing>を使うのがネイティブの発想です。

▼参考:willの使い方

あわせて読みたい
【わかりやすい英文法】I will と I’m going to の違い!意志・約束・心づもり・思いつき その昔、学校の授業では「I will ~.=I'm going to ~.」と習いましたが、I will ~.とI'm going to ~.はまったく同じではありません。 だって、まったく同じならわざ...

まとめ

「今行きます」は定番フレーズだから、間違えずに自然に使えるようにしておこう。

今行きます
  • I’m coming.

▼参考:<be動詞+-ing>を使う場合と使わない場合

あわせて読みたい
「thinkは進行形にできない」はうそ。thinkとthinkingの違いについて編集者が解説します 「thinkは進行形にできない」ってもしかしたら学校で習ったひともいるかもしれません。でも、それってうそで、英語圏の語学学校で使われている教材にも、その使い分けは...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる