現在ブログ移転中につき表示が一部乱れています。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

「今行きます」の間違い!なんでI’m coming?I’ll comeにはならないの?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

「今行きます」はI’m going. じゃなくてI’m coming.

ここまでは学校で習うけど、なんでI’ll come. にはならないのでしょう?

目次

I’m coming. / I’m going.

I’m coming.とI’m going.について、今一度確認しておきましょう。

comeは「来る」とおぼえがちですが、comeの正しいニュアンスは「相手のところに行く」です。それに対して、goは「相手のところから離れて行く」というニュアンスがあります。

「今行きます」は「今(あなたのところに)行きます」だから、goではなくcomeを使ってI’m coming. と表すことがわかります。

I’m coming. / I’ll come.

「今行きます」を英語ではI’m coming. といいますが、I’ll come. というのは不自然です。

「今行きます」というときって、まさにもう行こうとしているとき、もしくはもう向かっているときに使いますよね?

決断ていうよりはもう実際に動いているときには、<be動詞+-ing>を使うのがネイティブの発想です。

▼参考:willの使い方については、以下の記事でくわしく解説しています。

まとめ

「今行きます」は定番フレーズだから、間違えずに自然に使えるようにしておこう。

今行きます

  • I’m coming.

そのほかの定番のあいさつフレーズについては、こちらでくわしく解説しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる