ニュアンスの違い

It will rain. と It is going to rain. の違いはなに?

It will rain.とIt is going to rain.は、文法的にはどちらも正解です。

でも使うべきシーンは変わってきます。

willのニュアンス

助動詞willは「~だろう」という予測や「~するよ!」という意志を表します。

It will rain.は「雨が降るでしょう。」という予測。

引用:Delawareonline

こういう感じですね。

日本語にすると「~だろう」と訳されるのが一般的ですが、ふわっとした「~だろうねぇ」というニュアンスではなく、未来の出来事を鮮明に見通すニュアンスで使われます。

be going toのニュアンス

be going toのgoingという語感は「goしている」というように、物事に進んでいる感じを表します。また、be going toのtoは「~へ」というように、物事が向かっている方向を表します。

つまり、be going toは物事に向かってどんどん進んでいるニュアンスを表す表現です。

では、It is going to rain.が表す状況はどんな状況かというと

こういう状況です。

雲がもうそこにあって、いかにも雨が降りそうだというときに、It is going to rain.という表現を使います。

まとめ

英文法は丸暗記するんじゃなくて、理屈がわかれば、間違えないし、使うのが楽しくなるので、ちょっとめんどくさくてもちゃんと理解しよう。

雨が降るだろう
  • It will rain.:予測
  • It is going to rain.:物事に向かってどんどん進んでいるリアリティ