ネイティブの英語

梅雨の時期に使う「折りたたみ傘」「置き傘」「ビニール傘」を英語で表現する

梅雨の時期やだー。早く終わってほしーーー!!!

折りたたみ傘持ち歩くのめんどくさいー。うわっ、傘買わなきゃ。ビニール傘でよくね?

という会話、梅雨の時期には避けて通れないですよね汗

この記事では「傘」にまつわる表現をまとめておきます。すべてネイティブに聞いた英語なので、基本的にはどれを使ってもOK!

あ、ちなみに梅雨は英語でrainy seasonっていいます。ご参考までに。

いろいろな「傘」を英訳

折りたたみ傘

a folding umbrella ※「折る傘」

a mini umbrella ※「小さい傘」

a travel umbrella ※「旅行用の傘」

a portable umbrella ※「携帯傘」

置き傘

特別な言い方はありません。

どうしても直訳したいときは、a spare umbrella(スペアの傘)とかan extra umbrella(予備の傘)とか。

ビニール傘

a plastic umbrella ※「ビニールの傘」

「傘」を使った英文

1. 折りたたみ傘持ってるよ
I have a (    ) umbrella with me.

2. いざっていうときのために、学校に傘置いてるよ
I have (    ) my umbrella at school in case it rains.

3. ビニール傘買わなきゃ!
I gotta get a (    ) umbrella!

解答と解説

1. folding / mini / travel /portable

「携帯している」「肌身離さず持っている」というニュアンスを表すときにwith meを付けるとネイティブっぽい!

2. left

leaveの過去分詞leftを入れます。have leftで「残したままにしている」「置いたままにしている」のニュアンス。

「いざっていうときのために」はちょっと意訳になっていますが、in case it rainsは直訳すると「雨が降る場合に備えて」という意味。in case(~の場合に備えて)は使える英語だから覚えておきましょう!

3. plastic

gottaは「~しなければならない」の意味。have got toの短縮形です。

まとめ

折りたたみ傘 a folding[mini/travel/portable] umbrella

置き傘 ぴったりな英語はなし

ビニール傘 a plastic umbrella