主語・動詞・基本文型

【わかりやすい英文法】I’m loving it.やI am living in ~.は進行形として成立するのか

英語の仕事をしていると、「loveは進行形にはできないって習ったけど、マクドナルドのコマーシャルでI’m loving it.って言っているよね?あれってわざと間違えてるの?」という質問をときどき受けます。

結果からいうと、文法としては誤りで、でも完全なる誤りわけではないともいえるんですが、では「どんなときは進行形を使っていいのか」「どんな動詞は進行形にしてはいけないのか」を説明したいと思います。

進行形(-ing形)の基本

まず、進行形の前提として意識してほしいのは、進行形は進行中の動作を表す英語ではありません。

ではなにかというと、今できごとが動いていることを表す形です。

たとえば、

I eat lunch at 12:30 every day.

わたしは毎日12:30にお昼ごはんを食べます。

が毎日の習慣を表すのに対して

I am eating lunch now.

わたしは今お昼ごはんを食べています。

は、まさに「今ごはん食べてるよ」と、今できごとが動いていることを表しています。

まさにこんな感じで、躍動感・臨場感が全開なのが、進行形です。

進行形にできる動詞

今できごとが動いていることを表す動詞は、進行形にすることができます。

習慣的な動作ではなく、まさに今している動作を表すときに進行形を使います。

だから、

I live in Tokyo.

わたしは東京に住んでいます。

のように、I live in ~.が「ずっと住んでいる」ことを表すのに対して

I’m living in LA now.

わたしはLAに一時的に住んでいます。

のように、I’m living in ~.は今だけの動きを表し、「一時的に住んでいる」と表現することができるのです。

進行形にできない動詞

今できごとが動いていることを表す動詞は、進行形にすることができるということは、逆にいうと、今できごとが動いていることを表さない動詞は、進行形にはできません。

例えば

I know the truth.

わたしは真実を知っています。

は正しい英語だけど

I’m knowing the truth.

わたしは真実を知っています。

とはできないんです。

なぜなら、know(知っている)は今できごとが動いていることを表す動詞ではないから。

ほかにも

I’m thinking it’s true.

わたしは、それは正しいと思うよ。

I’m remembering you.

わたしはあなたを覚えています。

のように、思考や感情を表す動詞は基本的には進行形にはできません。

ということは、

I’m loving it.

わたしはそれが大好きです。

loveも思考や感情を表す動詞なので、現在形にはできません。(基本的な考え方としては。)

進行形にならないとされている動詞一覧

like, love, hate, want, need, prefer

know, understand, realize, suppose, believe

belong, fit, contain, consist, seem, remember

see, hear, smell, taste

I’m loving it.は本当にダメ?

ここで、気になるのが、マクドナルドは明らかに誤っている英語を使ったのか、ということです。

ネイティブの友人に聞いてみたところ、「まあふつうは使わないけど、なくはないと思うよ」ということでした。

たとえば、今英語圏ではlikeを進行形にしたlikingという表現が使われるようになってきているそうです。

I’m liking this song.

この歌いいね。

のように使われます。この文からは、音楽を聴いている最中に「このいいね!」という感動を相手に伝えている躍動感・臨場感が伝わってきます。

これと同じ考え方として、I’m loving it.も成立するということですね。

さらに解説

ここからは上級者向けの解説です。

ここまでで、進行形にできるのは今できごとが動いていることを表す動詞、進行形にできないのは今できごとが動いていることを表さない動詞、と解説してきました。

でも本当は、そんな動詞の区分けはない、というのが最も正しいように思います。動詞によって可否が決まっているわけではありません。

We are having a good time.

わたしたちは楽しんでします。

I’m thinking we should give a farewell party to him.

彼の送別会を開かないとと考えているんだけど。

Kate is being mean.

ケイトはふだんはそうじゃないけど、今いじわるな態度をとっている。

なにが進行形にできるのかというのは、理屈ではなく、感覚的なものではないでしょうか。

まとめ

文法の基礎をしっかりすることは大事。

その一方で、言語はそのときそのときで新たな用法、新たなニュアンスが生まれていくものだということが理解できれば完璧です。

進行形になる場合・ならない場合
  • 進行形なる動詞:今できごとが動いていることを表す動詞
  • 進行形にならない動詞:今できごとが動いていることを表さない動詞