受験に出る英語

過去形と現在完了形のニュアンスの違い

「お昼食べたよ」って言いたいとき、I had lunch. にするべき? I’ve had lunch. にするべき? 「その映画みたよ」って言いたいとき、I watched the movie. にするべき? I’ve watched the movie. にするべき?

学校の授業で「過去形」と「現在完了形」って習ったけど使い分けいまいちわかんねー!!!

ってことないですか?

この記事ではそんなモヤモヤを解消します。

解説

今回はEFさん(※)の解説をお借りして、頭をすっきりさせたいと思います。

※EFは、正確には、EF Education Firstといい、1965年にスウェーデンで、バーティル・ハルトによって創立された私立の語学学校。語学学校としては世界最大級の規模を誇ります。

過去形

EFのサイトでは、過去形の説明にこんなことが書かれています。

You always use the simple past when you say when something happened, so it is associated with certain past time expressions.

出典:https://www.ef.com/ca/english-resources/english-grammar/simple-past-tense/

訳:過去形は、何かが起きたときに使います。ですから、過去形は特定の過去の表現を伴います。

つまり、どういうことかというと、「いつやったのか」ってこと。

I had lunch 30 minutes ago.(30分前にごはん食べたよ。)

I often watched the movie when I was young.(若いころはよく映画を見ていました。)

のように、具体的にいつやったのかという事実を伝えるのが過去形です。

現在完了形

それに対して、現在完了形とはなにかというと、EFの説明を借りると

The present perfect is used to indicate a link between the present and the past. The time of the action is before now but not specified, and we are often more interested in the result than in the action itself.

出典:https://www.ef.com/ca/english-resources/english-grammar/present-perfect/

訳:現在完了形は現在を過去をつないでいることを示すときに使われます。その行動が起きた時間は現在よりは前ですが、特定はされず、話し手や聞き手は、行動そのものよりも結果に興味があることが多いです。

つまり、どういうことかというと、「やったのかやってないのか」「結局どうなのか」ということ。

I’ve had lunch (so I’m not that hungry).

(もうお昼食べちゃったから、そんなにお腹すいてないよ。)

I’ve watched the movie a couple of times.

(今までに何回かその映画を見たことがあります。)

のように、「もうお昼食べたよ」とか「映画見たことあるよ」のように、「で?結局どうなの?」を表すのに向いているのが現在完了形といえます。

問題演習

次に当てはまる英語を答えなさい。

① Have you been to Hawaii?と聞かれたとき

② Did you finish your work today?と聞かれたとき

③ 「だれかが私のチョコレート食べたみたい」というとき

④ 「5年前にイタリアに行ったことがあります」というとき

⑤ 「やばい。鍵なくしたから家に入れない」というとき

<<解答と解説>>

① Yes, I have. もしくは I went there last year. など

Have you ~? と尋ねられているので、シンプルに答えるにはYes, I have. やNo, I haven’t. などを使います。でも、I went there last year.(去年そこに行きました)のように過去形で答えても正解!

② Yes, I did. もしくは I’m done for today.

Did you ~? で尋ねられているから、シンプルにYes, I did. やNo, I didn’t. で答えてもいいし、これはちょっとイディオム的な表現なんだけど、I’m done for today.(今日の仕事は終わったよ)みたいに表すことも可能です。

③ Some has eaten my chocolate.

「だれかが私のチョコレートを食べたみたいなんだよねー。私の分ないんだけどー。どういうことー?怒」って言いたいわけです。(たぶん。)「だれかが食べました」とかいう事実なんてどうでもよくて、「結果的に今現在わたしの分ない!!」ということを伝えるためには、現在完了形を使います。

④ I went to Italy five years ago.

「~したことがあります」につられてI have been to ~ にしちゃった人は要注意!!具体的にいついつになになにしたという事実を表すときには過去形を使います。

⑤ Damn! I’ve lost my key!

「やばい」はDamn! とかOh my god! とかWhat the hell? とかが使えます。

問題は「鍵をなくした」のほう。「ワタシ ハ カギ ヲ ナクシ マシタ」みたいに冷静に事実を伝えてる場合じゃないですよね。鍵をなくした結果家に入れないっていう結果を伝えるときには、「結果、現在どういう状況なの?」を伝える現完了形を使います。

ちなみに、わざわざI can’t come into my home. って言わなくても、I’ve lost my key. だけで「家に入れない」っていうことを伝えられちゃうのが、現在完了形にすばらしいところでもあります。

まとめ

過去形は、いつやったのかという事実を表します。一方で、現在完了形は、結局現在どうなの?という結果を表します。

でも、実はネイティブも、ちゃんとした使い分けはしていません。あと、ノンネイティブでは明らかに間違えて使っている人もけっこういます。でも伝わるからNo problem! その人が「時間に重きを置いているのか」 「やったか、やってないのかに重きを置いて話してるか」という違いであり、どちらを使っても会話は通じます

とりあえず会話をつなげておいて、あとで振り返ってみるときなんかに、過去形と現在完了形の違いを思い出してみてください。

文法として学習するときはしっかりと理解を!!

過去形=いつやったのか(事実)

現在完了形=結局現在どうなの?(結果)