「いつも~している」は英語でI always do?I’m always doing?現在形と進行形の違いはなに?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

「彼、いつも文句ばっかり言ってるんだよね」「彼女いつもスマホばっかり見てるんだよね」みたいに言いたいとき、英語ではなんて言えばいいでしょうか?

うっかり、He always complains ~ やShe always looks ~って言ってしまっているあなた、実はもっといい言い方があるんです。

目次

alwaysの基本的な使い方

alwaysの基本的な意味は、学校でも習うように、「いつも」「毎回」です。

I always go to work by train.

わたしはいつも電車で仕事に行きます。

It’s always hot in this room.

この部屋はいつも暑い。

Always lock your bicycle.

自転車には毎回カギをかけなさい。

be動詞+always+進行形の使い方

先に確認したとおり、alwaysには「いつも」「毎回」と意味があります。でも、<be動詞+進行形>と組み合わせ使うと、少し意味が変わってくるので要注意です。

英英辞典を確認してみると、こんなふうに定義されています。

if someone or something is always doing something, they do it often, especially in an annoying way
– That woman next door’s always complaining.

引用:ロングマン現代英英辞典

someone or something is always doing somethingは、それをしばしばするということ。特に、苛立った感じや嫌な感じで使われる。
ー隣に住んでいるその女性は、いつも不満を言っている。

これより、<be動詞+always+進行形>で使うと、悪い意味で「いつも~してばかりだ」「よく~している」となることがわかります。

「彼、いつも文句ばっかり言ってるんだよね」「彼女いつもスマホばっかり見てるんだよね」は、それぞれ次のようになります。

He’s always complaining.

彼はいつも文句ばかり言っている。

She’s always looking at her smartphone.

彼女はいつもスマートフォンばかり見ている。

alwaysを使いこなそう

ここまで確認してきたように、<always+現在形>は「いつも~する」、<be動詞+always+進行形>は「いつも~してばかりだ」を表します。

ではあらためて、この2つをどんどん使い分けていきましょう!

alwaysを使って、次のシチュエーションに合わせた英語をつくりなさい。

1.いつも同じ間違えをしてしまう自分にイラっとしたときのひとりごと。

2.このエリアはいつも旅行客で混んでいるとレポートしたいとき。

3.シートベルトをするのを忘れないで!と注意喚起したいとき。

4.車がいつものごとく故障したときのぼやき。

5.「彼、いつもわたしを間違えた名前で呼ぶんだよね」と女友達に愚痴りたいとき。

解答&解説

1. I’m always making the same mistake.

イラっとしていることを表したいので<be動詞+always+進行形>の形にする。「同じ~」といいたいときは、the same ~というように、theを忘れないようにしよう。

2.This area is always filled with tourists.

客観的にレポートしたいときは現在形のままにする。「~で混んでいる、いっぱいだ」を表す英語はbe filled with ~。

3.You should always wear your seat belt.

「いつも~すべきだ」と客観的に言いたいときも現在形のままで。もし「君いつもシートベルトし忘れるよね」って苦言を呈したい場合は、You’re always forgetting to wear your seat belt. のように表現することができる。

4.This car is always breaking down.

ぼやきを表すのが is always breakingの部分。「故障する」はbreak down。

5.She’s always calling me by the wrong name.

愚痴を言いたいときこそ<be動詞+always+進行形>の形にしよう。「間違えた名前で」はby the wrong nameと表せる。

まとめ

ちょっと英語の形を変化させることで、ニュアンスを含ませることができる。

いつも~している
  • always+現在形=客観的事実
  • be動詞+always+進行形=苛立ち、愚痴

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる