sorry aboutとsorry for|前置詞の違いについて徹底的に調べたらわかったこと

URLをコピーする
URLをコピーしました!

NHKの『おもてなしの基礎英語』をみていたら、Sorry about the wait.という表現が出てきました。でも、We are sorry for the delay. っていう表現もありますよね?

I’m sorry about ~とI’m sorry for ~の違いはなんだろうと思って、複数の英英辞典で調べたり、英文法書をめくってみたり、ネイティブに質問してみたり、さまざまな方法であらためて調べてみました。

その結果、おそらくこれが最適解だなというものを見つけたので、ここにまとめておきたいと思います。

目次

参照文献など

英英辞典

  • ロングマン現代英英辞典
  • Merriam-Webster’s Learner’s Dictionary
  • Cambridge Dictionary
  • Oxford Learner’s Dictionaries
  • Collins English Dictionary
  • Macmillan Dictionary

英文法書

  • English Grammar in Use

ネイティブ

  • アメリカ人友人
  • イギリス人友人
  • オーストラリア人友人

使い分けを解説

あらためて、sorry aboutとsorry forの使い分けを解説します。以下の使い分けができれば、完璧なはず!

sorry about

状況について申し訳なさを表すときに、sorry aboutを使います。

I’m sorry about yesterday.

昨日はごめん。

We are very sorry about the delay.

遅延についてお詫び申し上げます。

sorry about / sorry for

悪いことをやってしまってそれについて謝るときには、sorry aboutも使えるし、sorry forも使えます。

I’m sorry about what I said last night.  / I’m sorry for what I said last night.

昨日の夜言ったことについて謝るよ。

Sorry about the late reply. / Sorry for the late reply.

返信遅くなってごめん。

sorry for

「~をかわいそうに思う」「~を残念だと思う」と人に同情するときにはforを使います。

日本の英語教育だとこの使い方はそこまで重要だっておしえられないんだけど、実際にネイティブはめちゃめちゃ使います。しかも、この場合はsorry aboutを使わないので、間違えないように気をつけましょう。

I don’t have much sympathy for him, but I am sorry for his wife.

彼には大して同情しないけど、彼の奥さんがかわいそう。

I’m sorry for your loss.

お悔やみ申し上げます。

使いこなそう

sorry aboutとsorry forの使い分けがわかったところで、使いこなしてみましょう。

sorryを使って、次の状況にあった英語をつくりなさい。

1.恋人に降られた友達に同情の声をかけるとき。

2.営業時間の変更などで不都合をかけることを謝るとき。

3.友人が突然訪ねてきて、部屋が散らかっているのを謝るとき。

解答

1.I’m sorry for you.

「残念だったね」というときに使うのがsorry for。今回のいろいろ調べるにあたって、なにかのサイトに「I’m sorry for you. は上から目線になって失礼にあたる」って書いてあったんですけど、そんなことはないから安心して使って大丈夫ですよ。(まあ、ただ、どんな英語も結局はシチュエーション次第で、たとえば試合に負けたライバルにI’m sorry for you. とか言ったらそれは皮肉にしかならないから、何事もTPOで判断しましょう。)

2.We are sorry about the inconvenience./ We are sorry for the inconvenience.

不都合をかけてしまっているということは相手にとって悪いことをしてしまっているということなので、sorry about、sorry forのどちらを使っても大丈夫です。

3.Sorry about the mess.

部屋が散らかっているという状況であり、それが特別相手に迷惑をかけることもない、というときにはsorry aboutを使うと自然です。ほかの例としては、ペンキが塗りたてでにおいがしていてごめんと謝るときにもI’m sorry about about the smell. というように、sorry aboutを使うことができます。

まとめ

aboutとforの使い分けは(同情の意味で使う場合以外は)実はとてもあいまいで、絶対こっちが正しいということはありません。だから「間違えたらはずかしいな」とか思わなくて大丈夫。もし「どっちだったっけ?」って悩んだときに、今回の内容を思い出してもらえるとうれしいです。

sorry about / sorry for

  • sorry about:状況についての申し訳なさ
  • sorry about / sorry for:悪いことをしたときの謝罪
  • sorry for:同情

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる