日本人が間違いやすい英語

「いつ」でも「とき」でもないうっかり忘れがちなwhenの意味・用法

whenには様々な使い方があります。

例えば、When can we talk? (いつ話せる?)だったら、「いつ」。It bagan to rain when I was out. (外出していたときに雨が降り始めた。)だったら「~のとき」という意味で使います。

では、これ。すんなり訳せますか?

The children played until noon, when they had lunch.

非制限用法で使うwhen

The children played until noon, when they had lunch. のwhenが「いつ」という意味ではないとわかるとして、「~のとき」でもすんなり意味が通らないですよね。

無理やり「~のとき」と訳してみると、「お昼ごはんを食べたとき、子供たちは正午まで遊んだ」となりますが、意味不明。

これを解決するwhenの用法ですが、辞書にはちゃんと載っているので紹介します。今回はジーニアス英和辞典より引用。

[非制限用法](そして)その時、それから《◆(1)通例whenの前にコンマを置く.(2)接続詞的な役割を果たす》||I was in Singapore until last week, when I left for Bangkok. 私は先週までシンガポールにいて、それからバンコクに向かいました(=…, and then I …)

引用:ジーニアス英和辞典第5版

つまり、「A(,) when B」は、「BのときA」という同時性を表すんじゃなくて、「A→B」という時の流れを表すんですね。

これより、The children played until noon, when they had lunch. は

The children played until noon, when they had lunch.

子どもたちは正午まで遊んで、それからお昼を食べた。

となることがわかります。

まとめ

「いつ」でも「~のとき」でもうまく訳せないときは、「(そして)その時、それから」と訳せる可能性を考えてみましょう。

「いつ」でも「とき」でもないwhen
  • [非制限用法](そして)その時、それから