比較

【わかりやすい英文法】all the better for!?なぜ!?例文は??

問題集や試験には出てくるのに、ふだんあまり使わないからいざというときパッと思い出せない英語ってありますよね。

「あー、これ絶対見たことある問題なのに、わかんねーーー!!!」みたいな。

all the better forを使った表現は、そういう意味でけっこう有名な問題です。

all the better forとは?

all the better forは、文法問題だと次のように出題されます。

日本語にあうように英語を並べ替えなさい。

彼には欠点があるからよりいっそう好きだ。

I like him  ( better / for / the / all ) his faults.

正解は

I like him all the better for his faults.

なんですが、簡単そうにみえて複雑ですよね。全部中学校で習う単語なのに・・・汗

all the better forは一般的には、「~だからよりいっそう」「~なのでなおさら」と訳されることが多いです。

all the better forの覚え方

allは強調のallで、日本語の「いっそう」「なおさら」にあたる部分。

theは「その分(もっと)」のニュアンスで、「彼の欠点の分」を表しています。

forは理由をあらわす前置詞のforです。

視覚化すると

みたいな感じです。

all the better forの例文

I think it’s all the better for that extra five minutes’ cooking.
あと5分料理するといっそういいでしょう。

We’ll both be all the better for a full night’s sleep.
わたしたちは夜しっかり寝たほうがいいでしょう。

This race is all the better for the uncertainty on the road.
そのレースは、道に不安定要素があるからなおさらいい。

all the better forの応用

all the better forには、ほかにも同じような用法があります。

次の問題を解いてみましょう。

日本語にあうように英語を並べ替えなさい。

彼には欠点があるからよりいっそう好きだ。

I like him ( more / has / all / because / he / the ) faults.

正解は

I like him all the more because he has faults.

です。

この文を視覚化すると、

となります。

I like him all the better for his faults.と比べてみましょう。

2つの文の違いは、betterがmoreになっているところ。動詞がlikeの場合に限っては、どっちでもOKです。

そして、理由をあらわす語には、forもしくはbecauseが使われています。forのあとには語句がくる一方、becauseのあとは<主語+動詞>がくるのがポイント。

参考書では<all the+比較級+for>として取り扱われることが多いけど、実際に試験に問われるパターンで最も多いのは、all the better forall the more forだと思います。

まとめ

「覚え方」を覚えたら、あとは自然に使いこなせるようになるまで何度もくり返して使ってみることが大事。

ひとまず次の文はすらっと出てくるようにしておきましょう。

彼には欠点があるからよりいっそう好きだ。

① I like him (    ) (    ) (    ) (    ) (    ) faults.

② I like him (    ) (    ) (    )  (    ) (    ) (    ) faults.

正解
① I like him all the better for his faults.
② I like him all the more because he has faults.

~だからよりいっそう、~なのでなおさら
  • all the+比較級+for [because]