受動態

【わかりやすい英文法】SVOOの受動態(受け身の文)はなぜ2通り?

My grandfather gave me a nice fountain pen.
私の祖父は私にすてきな万年筆を与えてくれた

を言い換えると、

(a) I was given a nice fountain pen by my grandfather.
私は祖父からすてきな万年筆を与えられた
(b) A nice fountain pen was given to me by my grandfather.
すてきな万年筆が祖父によって私に与えられた

の2通りの文をつくることができます。

なぜでしょう?

能動態を考える

そもそもですが、My grandfather gave me a nice fountain pen.という能動態の文が受動態(受け身の文)になった途端いきなり2通りになるわけではありません。

能動態自体、2通りのパターンで言うができるんです。

1つ目のパターンは、My grandfather gave me a nice fountain pen.ですね。ではこれと同じ意味の文をもう1パターン考えてみましょう。

前置詞を用いた形で表すと

My grandfather gave a nice fountain pen to me.

とすることができます。

つまり、

(a) My grandfather gave me a nice fountain pen.
(b) My grandfather gave a nice fountain pen to me.

の2通りの能動態をつくることができるんですね。

受動態にする

上でつくった

(a) My grandfather gave me a nice fountain pen.
(b) My grandfather gave a nice fountain pen to me.

を受動態にします。

能動態→受動態:その1

まず(a)の文。


(a) I was given a nice fountain pen by my grandfather.

とすることができます。

能動態→受動態:その2

では、次に(b)の文を受動態にしてみましょう。


(b) A nice fountain pen was given to me by my grandfather.

とすることができます。

2通りの受動態に言い換えることができましたね。

まとめ

SVOOが2通りの受動態になるのは、これが特殊なパターンだからではなく、ほかの能動態→受動態と同じように考えることができるんですね。

文法書とか問題集だと「2通りの能動態を考える」という過程が省略されてることが多いので、これが混乱のもとになってしまうんですが、理屈がわかればとってもシンプル。

頭が整理できたところで、どんどん使いこなしていきましょう。

SVOOの受動態
  • まず能動態を2通りにしてみよう