社会人の勉強法

渡辺直美の英語 ― 初心者の英語やり直し勉強法

プロフィール

渡辺 直美(わたなべ なおみ、1987年10月23日 – )さんは、日本のお笑いタレント、ピン芸人、司会者、女優、歌手。吉本興業(東京吉本)所属に所属しています。

和製ビヨンセとしてデビューしましたが、現在では世界的なファッショニスタとしても活躍し、2019年10月現在、インスタグラムのフォロワー数は890万人を記録しています。

また、2018年に発表された米国『TIME』誌の“ネット上で最も影響力のある25人”にも、トランプ大統領や歌手のリアーナらと並び、唯一日本人で選出されています。

ニューヨーク短期留学

渡辺直美さんがはじめて短期留学したのは、2014年5月から3ヶ月間。ニューヨークに留学しています。

きっかけはオリエンタルラジオの中田敦彦さんから「短所より長所を伸ばせ」とアドバイスを受けたこと。自分の長所だと思う表現力を学びたくなったとのことです。

実際にニューヨークに渡り、学んだのは英語とダンス。英語については、現地の語学学校では、1日4時間マンツーマンのレッスンを受けていたそうです。レッスン内容は発音が中心だったとのこと。

この短期留学の感想を、渡辺直美さんは次のように語っています。

――以前の留学で英語はかなり上達したのでしょうか。

「留学当時は、ゼロからのスタートでしたけど、いまは中2レベルくらいまではいけます(笑)。そこから勉強していないので、次は実践に移したいなと思っています」

引用:女性自身

ニューヨーク再進出

渡辺直美さんがニューヨークに再進出したのは2019年4月。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ただいま東京!(以下クソ長文) ここ最近ナオミよくNY行ってるなーって思っている方沢山いらっしゃると思います。 実は去年末にアーティストビザ、いわゆる3年間アメリカで仕事出来るビザを取得しまして、ちょこちょこ行ってました。 この度、本格的にこの4月からNY生活がスタートしましたー! 今回はソーシャルセキュリティーナンバー取得、NYの家の契約、アメリカの携帯の契約アンド銀行の契約 etc… なんか凄いいっぱいやったわw とはいえ! ガッツリじゃなくて、日本とNYの行ったり来たりになるのよ!特にこの2019の1年間は、日本と海外のお仕事を半分にしました。 レギュラー番組は隔週収録以外の番組は卒業させて頂きました。各番組のスタッフの皆様、本当にお世話になりました。ありがとうございました! 「終わってしまうのは残念です。でも僕たちは直美さんの夢を応援してます!まじで頑張って下さい!まじ世界でかましてきて下さい!」って皆さん言ってくれて、本当に感謝です。 ちょっとね…涙が見え隠れしてるのが見えて… それで結構グッと来ちゃったんですよね…。 みんなの言葉が無駄にならないようにあたす頑張ります! ナオミってなにがやりたいの、 なにしてんのかわかんない どうなりたいわけ? って思う方。 わかりますw そうです、あたすもわからない!w でも未来って誰にも分からないじゃん! 分からないからこそ、動かないより動いた方が、未来が見えて来るかもって思ったよ! 新しい道を作るっていうのは分からないことだらけだしめちゃ大変だけど、前に進んでることには変わりはない!!! なので… この自分の道が、いい未来か悪い未来か分からないから、この2019年の1年間で、ちょっと見てきます!w 悪かったら即帰るわw いつも応援してくれてる方々、本当にありがとう。 ダサいこと言っていい?www 「”生き様が、芸人”でありたい」 みんなの作ってる道が いい道になりますように✨ #ちなみにゴチは普通にクビですw #ラジオもアメリカ関係なしに終わりましたw #海外のお仕事もそんなないです #今は日々勉強 #わくわくが止まらない 最後まで長文読んでくれてありがとう!

渡辺直美さん(@watanabenaomi703)がシェアした投稿 –

新しい道を作るっていうのは分からないことだらけだしめちゃ大変だけど、前に進んでることには変わりはない!!!
なので…
この自分の道が、いい未来か悪い未来か分からないから、この2019年の1年間で、ちょっと見てきます!w
悪かったら即帰るわw

 

ニューヨークでは毎日2時間先生とマンツーマンで自宅学習をしているそうです。

都内で開催された「フォトジェニックドール『L.O.L. サプライズ!』新商品&新CM発表会」では、英語学習について、「ほぼ地獄状態」と表現。「勉強してこなかった人間なので、今初めて勉強と向き合っていて、すごい大変」としつつも、「日々ちょっとずつは成長できています」と語っています。

スピーキング練習法

渡辺直美さんは、VOGUE JAPANのインタビューの中で、ご自身のニューヨークライフに語っています。

この動画の中で、先生とマンツーマンでレッスンしているシーンがあるんですが(1:48ごろから)、絵本をいかにネイティブっぽく読むかという練習をされているようです。

渡辺直美さんは次のように語っています。

わたしはそのまだ長い文章をイントネーションとか発音を完璧な状態でしゃべるっていうところまではいけてないので、なのでこの絵本の子供たちが読む絵本のこういう流れをどんだけネイティブにしゃべるかという練習をずっとしています。

日本人の人だけじゃなくて世界中の人が笑ってくれたらめっちゃなんかおもしろい空間になるし、なんかその感覚をつかみたいなっていうのがあって挑戦している感じですね。

インスタグラムに掲載した教材

VOGUE JAPANの動画にもちらっと映っていますが、渡辺直美さんがインスタグラムのストーリーに載せていた教材が『English for Everyone: English Vocabulary Builder』。

「この本めっちゃわかりやすくて良いよ」

「くそ分厚いけどwおすすめ おバカな私でも理解できる!」

「一緒に頑張ろう」

「これはとにかくボキャブラリーが載っている本だから、文法とかそういうのを学びたい人は別の本がいいかもね!英語で英語を教えてる系だから、本当に初心者は、日本語の教材から始めたほうがいいと思われる!」

「私は今ボキャブラリーの壁にぶち当たっているからw見かねた先生がくれた!w」

と、ご本人がレビューしています。

あと、動画の中で山積みになっている本の中には、同シリーズの次のものがありました。

まとめ

渡辺直美さんの英語学習に取り組む姿勢を見ていると、語学学習は何歳からでもやり直せるだなということを感じさせられます。

また、英語ができると活躍のチャンスが広がるという事実も、あらためて認識させられます。

初級からでもいい。コツコツ勉強を積み重ねていきましょう。

渡辺直美の勉強法

スピーキング

  • イントネーションや発音を鍛える
  • 教材は絵本でもいい

単語

  • オススメ教材は『English for Everyone: English Vocabulary Builder』
  • 本当に初心者は、日本語の教材から始めたほうがいいと思われる!