現在ブログ移転中につき表示が一部乱れています。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

渡辺直美のVOGUE動画で学ぶ!メイクアップの英語

URLをコピーする
URLをコピーしました!

今やワールドワイドになったお笑い芸人の渡辺直美さん。

彼女はファッションアイコンとしても活躍していますが、VOGUEのメイクアップ動画が英語の勉強になるので紹介します。

目次

渡辺直美のプロフィール

NSC東京校の12期生としてお笑いの世界に足を踏み入れた渡辺直美さん。

2014年から短期留学をし、世界進出を目指していました。

▼参考:アメリカに進出しはじめた時代の特集。

コロナ禍では日本にとどまることを余儀なくされましたが、日本で制作したLady GagaのパロディYouTubeは、Lady Gaga本人も「最高!!!」と称賛したとか。

▼参考:渡辺直美さんとゆりやんレトリィバァさんがパロディしたLady Gagaの曲の解説。

そして2021年、渡辺直美さんはテレビのレギュラー番組をすべて降板し、ニューヨークに家を買い、アメリカの芸能事務所に籍を置き、アメリカを拠点に活動を開始しました。

VOGUE

渡辺直美さんが出演しているVOGUEの動画がこちら。

VOGUEにはVOGUE JAPAN(日本用)のYouTubeアカウントもあるんですが、渡辺直美さんは世界版のVOGUEに出ちゃったところがすごい!!

VOGUEの字幕の解説

I’m about to do a show.

今からわたくし、ショーをやりに行くんですけれども。

<be about to+動詞の原形>で「まさに~しようとしている」という意味。「ショーをやる」はdo a showで表せるんですね。

My powder foundation is so gross.

粉のファンデーション、きったいないでしょ。

gross(汚い)はよく使うから覚えておきたい単語。so grossで「すごく汚い」ですね。

My neck hurts.

首痛ぇ。

hurtは「痛む」。「~が痛い」は英語の発想だと「~が痛む」で、日本語とちょっと違うところが意外と注意。3人称単数が主語(この場合はmy neck)のときはhurtにsがつくことも忘れないようにしよう。

Can I even show this?

いいの、こんなの出して?

evenは「~でさえも」というニュアンスの副詞。ここでは「これを見せることさえしていいの?」→「こんなの出していいの?」って感じで使ってます。

Is this called a cat-eye?

キャット・アイっつーんですか?

<be動詞+called>で「~と呼ばれている」なので、Is this called a cat-eye?は直訳すると「キャット・アイって呼ばれてるんですか?」ということ。

This is the face I never wanted anyone to see

このときの顔っていちばん見られたくないわ。

この文法ちょっと難解かも。

This is the faceで「これは顔です」。じゃあどんな顔なのかというと、I never wanted anyone to see(絶対に誰かに見られたくない)。これがつながって、This is the face I never wanted anyone to seeで「これは絶対に誰かにみられたくない顔です」となります。

<want+人+to+動詞の原形>は「(人)に~してほしい」という使い方。

, so they stand out too much.

(自眉毛が黒いから)浮くでしょ。

stand outは「目立つ」。too muchは「過度に」。

The color is really light.

すごいちょっと色薄い。

気をつけるべきは「薄い」という表現。「薄い」って何て言うんだっけ?って迷いがちなんだけど、「薄い」=「色が明るい」というニュアンスでlightを使います。

lightの反意語はdark。

This is a blush from MAC.

MACのチークなんだけど。

ポイントは「MAC”の”チーク」の「の」。a blush of MACってしちゃいがちなところですが、「MAC”から”発売された」というニュアンスなのでfromを使います。

I’ve been using this for five years but it hasn’t run out.

5年ぐらい使ってるのかな。全然減らないの。

<have+been+-ing>で、「ずっと~し続けている」。for five yearsは「5年間」。

run outは「使い果たす」です。

Isn’t that scary?

怖くない?

scaryは「怖い」。Is that scary? だと「怖いよね?」なんだけど、Isn’t that scary? で「怖くない?」になります。Isn’t that scary? はこのまま使えるだから、まるっとおぼえてしまおう。

It’s easier to apply with a smaller brush.

ちっちゃいブラシのほうが塗りやすい。

easierはeasyの比較級で「より簡単」という意味。applyは、学校で習う意味は「適用する」とかなんだけど、「(薬・化粧用クリームなどを)塗る、つける」という意味でも使えます。

I like to use really defined lashes.

パキっとしたまつ毛を使うようにしてます。

defineには「はっきりさせる」という意味があるんだけど、ここから派生したdefinedには「はっきりした」という意味があります。

lash(es)は「まつ毛」なんだけど、「つけまつ毛」といいたい場合は、fake eyelash(es)もしくはfalse eyelash(es)ということができます。

No matter how windy it gets

どんだけ風邪吹いても

no matter how ~で「どれだけ~でも」。windyはwind(風)の形容詞で「風が強い」なので、No matter how windy it getsで「どれだけ風が強くても」を意味します。

I highly recommend this glue.

これすごいおすすめ。

highlyは「高く(=とても)」。recommendは「すすめる、推薦する」です。

「一押し(商品)!」のように標語で使うときはHighly recommended! のようにいうことも可能です。

ファッションに関連する英語表現をこちらでまとめています。

まとめ

今回紹介した動画および英語表現は、もともと日本語だったものを英語に翻訳したものだから、英語学習がしやすくてhighly recommendedです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる