わかりやすい英文法

「thinkは進行形にできない」はうそ。thinkとthinkingの違いについて編集者が解説します

「thinkは進行形にできない」ってもしかしたら学校で習ったひともいるかもしれません。でも、それってうそで、英語圏の語学学校で使われている教材にも、その使い分けはちゃんと解説されています。

さっそくthinkとthinkingについて解説していきたいと思います。

thinkが進行形にできない場合

thinkが進行形(-ing形)で使えないのは、thinkを「~だと思っている、~を信じている、~という意見を持っている」という意味で使うときです。

I think he is French, but I’m not sure.

彼はフランス人だと思うんだけど、たしかではない。

What do you think of my idea?

わたしの考えについてどう思う?

thinkが進行形にできる場合

thinkが進行形にできるのは、thinkを「~を考えている、~を検討している」という意味で使うときです。

I’m thinking what to do right now.

今なにをすべきか考えているとこだ。

She is thinking of change jobs.

彼女は転職しようかと考えている。

使いこなそう

thinkが現在形にできる場合とできない場合を確認したところで、実際に使い分けてみよう。

次の文の空欄にあうように、thinkの形を考えなさい。

1.I _______ about going to England next year.

2.I can’t believe it. I _______ it’s true.

3.You’re very quiet. What _______ about?

4.I can’t make up my mind. What _______ I should do?

解答&解説

1.I am thinking about going to England next year.

「来年イギリスに行くことについて検討している」という意味になるので、進行形を使うのが適切です。

2.I can’t believe it. I don’t think it’s true.

「信じられない。それが本当だと思わない」という意味になるので、進行形は使いません。

3.You’re very quiet. What are you thinking about?

「すごく静かだね。なにを考えているの?」という意味になるので、進行形を使うのが適切です。

4.I can’t make up my mind. What do you think I should do?

「決心できないんだ。わたしはどうすべきだと思う?」という意味になるので、進行形は使いません。

まとめ

基本的な理論がわかったら、あとはいっぱい使って自然に使いこなせるようになるのみ!

thinkの進行形
  • 進行形にできない:「~だと思っている」の意味のとき
  • 進行形にできる:「~を考えている」の意味のとき

▼参考:動詞を正しく使おう

【わかりやすい英文法】I'm loving it.やI am living in ~.は進行形として成立するのか英語の仕事をしていると、「loveは進行形にはできないって習ったけど、マクドナルドのコマーシャルでI'm loving it.って言って...
【わかりやすい英文法】I will と I'm going to の違い!意志・約束・心づもり・思いつきその昔、学校の授業では「I will ~.=I'm going to ~.」と習いましたが、I will ~.とI'm going to...
【わかりやすい英文法】過去形と現在完了形!had lunchとhave had lunchの違いわかる?「お昼食べたよ」って言いたいとき、I had lunch. にするべき? I've had lunch. にするべき? 「その映画みたよ...

 

 

 

まとめ