ビジネスの英語

英文契約の基本的な表現「無効な」を英語で表すと?

英語を勉強して似たような意味がいっぱい出てくるときほど、ちゃんと使い分けを意識することが大切です。

はじめにお伝えしておくと、今回出てくる選択肢はすべて「無効の」「無効な」だという意味です。その中で、最も適切なものを選びましょう。

空欄にあてはまるものとして最も適切なものを、下の選択肢から選びなさい。

その選挙は無効だと宣言された。

The elections were declared (    ) and void.

① ineffective  ② invalid  ③ null  ④ powerless

正解は・・・・・・

③ null

です。

③ nullは、null and voidというイディオムとして、英文契約書の慣用句として使われます。「(法律上)無効な」という意味になります。

nullもvoidもいずれも「無効な」という意味をもつんですが、なぜかnull and voidで「無効な」なんですよね。

ちなみに、選択肢の中では、② invalidも「(法律上)無効な」という意味で使うことが可能です。ただし、invalid and voidという使い方はしないため、今回の正解にはなりません。

では、応用です。

空欄にあてはまる語句をこたえなさい。

スポークスマンは、その合意は無効であると宣言されたと話した。

A spokesman said the agreement had been declared (    ).

正解は・・・・・・

null and void

です。ちゃんと3語出てきましたか?

null and voidを会話で使うことはほぼありませんが、読んだときに意味がわかるようにはしておきましょう

復習です。

その選挙は無効だと宣言された。

The (    )  were (    ) (    ) and (    ).

スポークスマンは、その合意は無効であると宣言されたと話した。

A spokesman said the (    ) had been (    ) (    ) (    ) (    ).

 

「(法律上)無効な」=null and void