ビジネスの英語

【ビジネス英語】直接的な命令表現7選

「外国人はものごとをストレートに表現する」「ビジネスシーンではあいまいな表現はご法度だ」ということを耳にしたことがあるかもしれません。

だけど、これらは必ずしも正解ではありません。日本国内と同じく、国際的なビジネスシーンでも、ストレートにものごとを言って許される相手や場面は限られます。

この記事では、キツイ表現に聞こえてしまう英語表現を紹介します。ここで扱う表現は、十分に注意を払ったうえで使いましょう。

前提

  • 自分が相手よりも強い立場にいる
  • 相手に命令・指示する権利がある
  • 相手に断る余地をまったく与えない

「あなたには~してもらえると思っています」

I expect you to ~.

「期待してるわ(ハート)」というニュアンスではなく、プレッシャーを与えています。「できるよな?できないわけないよな?」みたいな。これ仕事で言われたらこわいですよね・・・汗

I expect you to submit the report by next week.

あなたには来週までに報告書を提出してもらえると思っています。

「あなたに~してもらう必要があります」

I need you to ~.

必要があるんです。だから断る余地は100%ありません。

I need you to submit the report by next week.

あなたには来週までに報告書を提出してもらう必要があります。

「~なされなければなりません」

(主語) has to ~.

これは次の例文をみてもらったほうがわかりやすいと思うんですが、あなた(you)やわたし(I)が主語になっているのではないというのがポイントです。

The report has to be submitted by next week.

報告書は来週までに提出されなければなりません。

「あなたが~することを要求します」

I require you to ~.
I require that you ~.

要求されたら断れないですよね・・・汗

I require you to submit the report by next week.
I require you that you submit the report by next week.

あなたが来週までに報告書を提出することを要求します。

「~しなければならない」

You must ~.

mustは非常に強制力の強い助動詞なので、使う相手や場面には注意しましょう。

You must submit the report by next week.

あなたは来週までに報告書を提出しなければならない。

「~してほしい」

I want you to ~.

直接的で命令的な表現になりうることを理解しましょう。

I want you to submit the report by next week.

来週までに報告書を提出してほしい。

「~しなさい」

(命令形).

命令形は、まさに命令形です。仕事で「指示」ではなく「命令」されるのってよっぽどですよね?そのぐらい強い印象を与えます。

Submit the report by next week.

来週までに報告書を提出なさい。

まとめ

キツイ印象を与えてしまう表現を使うときは、相手や場面に気をつけましょう。

直接的な命令表現
  • あなたには~してもらえると思っています
    I expect you to ~.
  • あなたに~してもらう必要があります
    I need you to ~.
  • ~なされなければなりません
    (主語) has to ~.
  • あなたが~することを要求します
    I require you to ~.
    I require that you ~.
  • ~しなければならない
    You must ~?
  • ~してほしい
    I want you to ~.
  • ~しなさい
    (命令形).