接続詞・前置詞

【わかりやすい英文法】that節?接続詞のthat?←光の速さで解説します

that節で使うthatは、品詞としては接続詞にあたりますが、このthatを文法書で引くと、「名詞節を導く従属接続詞の用法」として掲載されていることが多いです。

はい、もう意味わからない。

こんな難しい説明してるから、英文法とか英語そのものを勉強する気なくすんだっつーの。

この記事では、thatってなんなのか、わかりやすく解説したいと思います。

that節を使った例文

I think that English is easy.

(わたしは英語は簡単だと思います。)

このthatが接続詞で、that以下(=that English is easy)のことをthat節と呼びます。どうでもいいけど一応解説しました。

接続の考え方

STEP 1:I think 

まず、「わたし思ってるんだけどさー」というように、主語+動詞をバンッ!!と出します。

STEP 2:I think + …

”思っている”内容をつなげたい。

STEP 3:I think that …

つなげたい気持ちをthatで表現する。このthatは「どう思っているのかというと・・・」というようなニュアンスになります。

STEP 4:I think that English is easy.

つなげたい内容をもってくる。

なぜthatは省略できるのか

I think that English is easy. のthatを省略して、I think English is easy. とすることが可能です。

I think that English is easy.

それはなぜなら、上のSTEP 3で示したように、thatが「わたし思ってるんだけどさー、どう思っているのかというと、英語って簡単だよね」の「どう思っているのかというと」を表す働きをするからです。わざわざ「どう思っているのかというと」って言わなくても通じますよね?

逆に、「どう思っているのかお話しますね」とクリアに相手に伝えたい場合や、思っている内容に根拠がある場合には、thatは省略されない傾向にあるようです。プレゼンテーションや会議の場ではthatが使われることが多い、といわれています。

節とはなにか

thatはわかった。でもそもそもthat節の”節”って?っていう疑問が残っている方に朗報(?)です。節は<主語+動詞+・・・>のカタマリです。

that節=thatを使ったカタマリということですね。

I think that English is easy.
S V       O

I think that English is easy. のthat節(=that English is easy)は、1つのカタマリをつくって目的語と化しています。

まとめ

「名詞節を導く従属接続詞の用法」とかいう用語は理解しようとしなくていいです。「thinkはthat節をとる」とかそういう丸暗記も必要ありません。

英文法はシンプルに理解しよう。

that節
  • カタマリをつくってつなぐ