現在ブログ移転中につき表示が一部乱れています。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

「お会いできて光栄です」のビジネス英語!返事の仕方も合わせて解説します

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ビジネスシーンなどで使う「お会いできて光栄です」の表現。

もちろん英語にもあるんですが、正しく使えてますか?うっかり「会えてうれしいよ」って上から目線になってないですか?

目次

「お会いできて光栄です」の英語

ただ、あえて今回はちょっと細かいところというか、繊細なところにこだわってみたいと思います。

空欄にあてはまるものとして最も適切なものを、下の選択肢から選びなさい。

お会いできて光栄です。

It’s (    ) to meet you.

① a pleasure   ② great   ③ happy   ④ honored

解答と解説

まず文法的に不適切なものが2つあります。

それは、③ happy ④ honored

この2つは人を主語にしなければいけません。

つまり、I’m happy to meet you.とかI’m honored to meet you.のように、I’mを主語にするならセーフだったんだけど、主語がIt’sの場合はアウト。

では正解は ① a pleasure ② great のどちらか・・・。

ここでのポイントは問題文「お会いできて光栄です。」の「光栄です」の部分。これにふさわしい英語を選びます。

正解は① a pleasure

友達や同僚(と思われるひと)にはじめて会う場合は、greatを使ってIt’s great to meet you.でOKなんですが、目上のひとに初めて会う場合は、a pleasureを使ったフォーマルな表現It’s a pleasure to meet you.にするのがベターです。

選択肢にはなかったけど、It is an honor to meet him.も同じように「お会いできて光栄です」を表します。

では、もうひとつ考えてみましょう。

空欄にあてはまるものとして最も適切なものを、下の選択肢から選びなさい。

お会いできて光栄です。

I’m (    ) to meet you.

① a pleasure   ② great   ③ happy   ④ honored

解答と解説

1つめの問題がIt’s (    ) to meet you.だったのに対して、2つめの問題はI’m (    ) to meet you.です。

違いは主語の部分。

I’mからはじまる場合は、選択肢の中だと ③ happy④ honored が使えます。

ではどちらがより適切なのか。

③ happy がカジュアル感を出すのに対して ④ honored はフォーマル感を出すので、「お会いできて光栄です」という日本語により近いのは ④ honored を使ったI’m honored to meet you.です。

I’m honored は「自分に取って名誉だ、光栄だ」という意味で、敬意を払うべき相手に使える表現です。

選択肢にはなかったけど、I’m pleased to meet you.も同じように「お会いできて光栄です」を表します。

「お会いできて光栄です」の類似表現

Nice to meet you.

定番のNice to meet you.は「お会いできてうれしいです」と意味です。

It’s nice to meet you.のIt’sが省略された表現。省略したほうの表現が一般的に使われます。

I’m really glad to meet you.

gladも「うれしい」を表す単語。「光栄です」=「会えて本当にうれしい」というニュアンスを表すためには、reallyを入れて表現するのがおすすめです。

I was looking forward to meeting you.

「会えるのを楽しみにしていました」と表現してもいいかも。

I’ve heard a lot about you.

「お会いできて光栄です」っていうことは、前々から評判を聞いていたりして会いたいって思っていたっていうことですよね?

「前々からいろいろとお聞きしていました」と表すのがI’ve heard a lot about you. I’ve heard so much about you.でも同じニュアンスを表せます。

どの表現を使っても気持ちは伝わります!だから「どの表現がいちばんいいのかな?」って悩む前にぱっと思いついた表現を言っちゃいましょう。間をあけちゃうほうがよくないしね。

「お会いできて光栄です」の返事

「お会いできて光栄です」って言われたときになにもリアクションできないのはコミュニケーションとしてまずいから、返事の仕方も知っておきましょう。

Likewise.

likewiseには「同様に」という意味がありますが、「お会いできて光栄です」に対して使うlikewiseは「わたしもです」「こちらこそ」を表します。

A: I’m honored to meet you.
B: Likewise.

A: お会いできて光栄です。
B: こちらこそ。

The pleasure is all mine.

The pleasure is (all) mine.は、辞書では「こちらこそ」と訳されていることが多いですが、このフレーズの持つ意味は「その嬉しさは私のものです」→「嬉しいのはこちらの方です」です。

A: It’s a pleasure to meet you.
B: The pleasure is all mine.

A: お会いできて光栄です。
B: こちらこそ。

Nice to meet you, too.

Nice to meet you.と言われた場合には、「わたしもです」を表すtooをつけて、Nice to meet you, too.で返すことができます。

It’s a pleasure to meet you.だったらPleasure to meet you, too. I’m glad to meet you.にはGlad to meet you.というように、相手の英語にあわせて応用していきましょう。

A: Nice to meet you.
B: Nice to meet you, too.

A: お会いできて光栄です。
B: こちらこそ。

まとめ

はじめましての相手とは目線をあわせて笑顔であいさつすることも大切なマナーです。握手をする場合は力強く!

お会いできて光栄です

  • It’s a pleasure to meet you.
  • I’m honored to meet you.

▼参考:ビジネスシーンで適切な使い分けできてる?

あわせて読みたい
【完全版】ビジネスシーンで命令・指示・依頼を表す英語表現27選 このページでは、仕事をお願いするとき、もしくは指示・命令するときの英語表現を、4段階にわけて紹介。その英語を使うべきシーンも合わせて解説します。 【直接的な命...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる