日常生活の中にある英語

【イディオム】「天にも昇る気持ち」を英語で表現する【3選+1選】

「すっごくうれしい!!」「超幸せ!!」「ガチで最高!!」を表現したいとき
I am very very very happy.って言えるのがビギナーレベル。
もちろんこれでも気持ちは十分伝わります。

でもせっかくならネイティブっぽくちょっとこなれた表現で喜びを表現したいですよね?
この記事では「天にも昇る気持ち」を表すイディオムを紹介します。

ではさっそくいってみましょう。

I’m walking on air.

直訳すると、「わたしは空気中を歩いている」という意味。
ふわふわ感が「天にも昇る」のニュアンスに近いように思います。

ポイントはon air。
in the airとかにしないように気をつけましょう。

I’m over the moon.

直訳すると、「わたしは月を越えている」
さっきは「空気中を」でしたが
今度は完全に大気圏を突破して月を追い越しちゃった感じです笑

I’m in seventh heaven.

直訳すると、「わたしは7番目の天国にいる」
これがいちばん「天」に近い単語を取り入れた表現です。

なんで7番目(の天国)なのかというと
ユダヤ教やイスラム教の教えでは
天国には7つの段階があり、7番目が一番高いレベルで、最も幸せな場所
と考えられているから。

日本語だと「天にも昇る」っていうように天国にたどり着く途中なんですけど
英語だともう「天国(の中)にいる」ので、前置詞はinです。

 

さあ、ここまでで基本の3つの表現はおさえました。
これだけ使えればあなたは完璧に中級レベル越え。

では最後に、上級表現を確認しておきます。

I’m on cloud nine.

直訳すると、「わたしは第9の雲の上にいる」

ここまでくると、ちょっと意味がわからないですよね苦笑

なんで第9の雲なのかというと
米国気象用語にcloud nineという表現があり
9つに分類されたの雲の中で、最上部の雲がcloud nineと呼ばれているみたいです。

その雲の上にいるからon cloud nineです。

まとめ

「天にも昇る」だけでも「空気」「月」「天国」「雲」といろいろな単語を使って
英語の表現をつくることができました。

あとは使いこなすだけ! 次に「うれしい」を表現するときに使ってみてくださいね。

「天にも昇る気持ちだ」
I’m walking on air.
I’m over the moon.
I’m in seventh heaven.
I’m on cloud nine.