ニュアンスの違い

洋服が「派手」をネイティブ英語で表現する

日本語で「派手な服」というとき、いい意味でも使えるし、悪い意味でも使えますよね?

「派手な」の意味をもつ単語のニュアンスを正しく理解して、文脈にあった英語表現ができるようにしていきましょう。

vibrant

vibrantには、「(色・光が)明るい、明るく輝く」というニュアンスがあります。

「(場所などが)活気に満ちた、(人が)元気いっぱいの」という意味でも使うことができる単語です。

I’d going to buy the vibrant shoes if the price gets low enough for me.

値下がりしたらあの派手な黄色のシューズを買おうと思ってるんだよね。

flamboyant

flamboyantには、「まばゆい色で目立つ」というニュアンスがあります。

She has red hair and wears flamboyant clothes like a rock star.

彼女はロックスターのように、赤い髪で派手な服装をしている。

loud

loudは、「(音・騒音などが)大きい、うるさい」という意味があるように、「目にうるさい」というニュアンスがあります。

I like the cable knit and loud patterned shirt together.

ケーブルニットと派手な柄のシャツを合わせるのが好きだ。

showy

showyは、show(現れる)という語からも想像できるように、「目立つ」「人目を引こうとしてこれ見よがしの」というニュアンスがあります。

Perhaps you should wear something a little less showy.

たぶん君はもう少し派手じゃないものを着たほうがいい。

flashy

flashyには、flash(ぴかっと光る)という語からも想像できるように、「高い洋服や宝石などで着飾ってギラギラしている」というニュアンスがあります。

The singer has the lavish life and the flashy clothes.

その歌手は、派手な生活をして派手な服を着ている。

「派手な生活」というときは、lavishという単語が使えます。

gaudy / garish

gaudyやgarishには、「下品な」「安っぽい」というニュアンスがあります。

She wears gaudy clothing and smells of cheap perfume.

彼女は派手な服を着て、安い香水のにおいをさせている。

He never wears a garish necktie to the office.

彼は仕事に行くときに派手なネクタイを絶対にしない。

まとめ

伝えたいニュアンスにあった英語を選ぼう。

派手な
  • vibrant:明るい
  • flamboyant:まばゆい色で目立つ
  • loud:目にうるさい
  • showy:目立つ
  • flashy:ギラギラした
  • gaudy / garish:下品な