ニュアンスの違い

「こんがり日焼け」「ひりひりとする日焼け」を英語で表現できる?タンニングとの関係性は?

「こんがり日焼け」「ひりひりとする日焼け」使い分けることができますか?

こんがりと日焼けする

suntan

「いい色にこんがり焼ける」「健康的な色に焼ける」といいたいとき、英語ではsuntanという単語を使います。

サザンオールスターズの『HOTEL PACIFIC』という歌の中に♪灼けたサンタンの肌に~っていう歌詞があるんですが、そのサンタンです。

created by Rinker
ビクターエンタテインメント

get suntannedまたはget a suntanというように使うのが一般的です。

You got suntanned! Did you go to the beach or something?
日焼けしたね!海かどこかに行ったの?

A: Where did you get that great suntan?
B: I was in Hawaii this summer.

A:どこでそんなにいい色に焼いたの?
B:今年の夏はハワイにいたんだ。

tan

suntanの”sun”を省略して、tanという単語で使うこともできます。省略語といえば省略語なんですが、ちゃんと辞書に載っている単語です。

これもsuntanといっしょで、get tannedまたはget a tanというように使います。

ボディビルダーさんやちょっとチャラめのお兄さん、お姉さんたちが日焼けマシーンを使うことがありますよね?あれを別名タンニングマシーンというんですが、その「タンニング」もこの「タンニング」から来てきます。

My skin tans easily.
すぐ(わたしの肌)日焼けするんだよね。

I wish I could get a tan like that.
わたしもあんなふうに日焼けできたらなー。

ひりひりとする日焼けをする

健康的にいい色に焼けるというときはsuntan/tanという一方で、肌が真っ赤っかになってひりひりするような日焼けを表すときには、sunburnという単語を使います。

burnには「(木やろうそくを)燃やす」「(パンを)焼く」という意味があるんですが、sunburnにはそんな感じで人間の肌まで熱々に焼いてしまうニュアンスがあります。

sunburnも、get sunburnedやget a sunburnのように使います。

You’d better move into the shade before you burn.
日焼けする前に陰に異動したほうがいいよ。

A: How did you get that bad sunburn?
B: I fell asleep at the beach.
A:なんでそんなに変な日焼けしちゃったの?
B:ビーチで寝むりこけちゃったんだよね。

赤くなる

「日焼けしたねー」の代わりに「赤くなったねー」って言うことありますよね?

「赤くなる」はget redで表現できます。シンプル。

I don’t tan well – I just get red.
わたしはそれほど日焼けしませんーただ赤くなるだけです。

まとめ

suntan(tan)とsunburnを間違えても、ネイティブにはきっと通じるけど、文脈的に「ん?」ってなっちゃうかも。

使い分けてこなれていこう。

日焼する
  • 健康的に日焼けする=suntan / tan
  • ひりひりとして痛い日焼けをする=sunburn

▼参考:夏の英語

あわせて読みたい
冷たいものを食べて頭がキーンとするって英語でなんて言うの?冷たいものを食べると頭がキーンとすることってありますよね? この現象を端的に表現する日本語ってないように思うんですが、英語だと便利...
あわせて読みたい
「熱中症」はheat strokeだけど「熱中症になる」は英語でなんていうの?ひどく暑い日が続いていますね。2018年は「記録的な猛暑・底知れぬ暑い夏」だそうです。くれぐれもみなさんご自愛ください。 熱中症は...