災害関連の英語

「熱中症になる」「熱中症に気をつけて」は英語でなんていうの?

地球温暖化による気温上昇に伴って、熱中症が増加しています。

日本だけではなくて世界のどこにいても起こりえる事態にそなえて、熱中症関連の英語を知っておきましょう。

「熱中症」の英語

「熱中症」の正しい英語は?

熱中症は英語でheatstrokeと訳されることが多いんですが、暑さによって起こるいろいろな障害の意味での「熱中症」を英語で表すと、heat-related illnessが正しい総称です。

Centers for Disease Control and Prevention (CDC=米国の疾病対策センター)のサイトを見てみましょう。

引用:Centers for Disease Control and Prevention

ここからわかるように、熱中症には5段階あって、症状が重いほうから順に次のように区分されています。

  1. heatstroke (熱中症、熱射病)
  2. heat exhaustion (熱性疲労)
  3. heat cramps (熱けいれん)
  4. sunburn (ひどい日焼け)
  5. heat rash (あせも)

そして、このもっとも重い症状のheatstrokeの中に、high body temperature(高体温)、headache(頭痛)、losing consciousness(意識不明)などが含まれるため、一般的には「熱中症」=heat strokeと訳す傾向があるようです。

strokeは、「脳梗塞」「脳卒中」を表す一般用語。heat (=熱)と組み合わせると「熱による発作」のような意味になります。

また、どのようにして熱中症になったかによって、heat strokeをさらに区分けすることができます。

暑い中で運動をしていることによって引き起こされる熱中症のことを、exertional heatstroke (労作性熱中症)といい、特に運動などはしていないけれど、暑い環境の中で体温の調節ができなくなるために起こる熱中症のことをnonexertional heatstroke、もしくはpassive heatstroke (非労作性熱中症)といいます。

熱中症の症状を表す英語

重度の熱中症が起きたときに、どのような症状があらわれるのか、先ほどのCDCの表からあらためて確認してみましょう。

HEATSTROKE

  • High body temperature (103℉or higher)
  • Hot, red, dry, or damp skin
  • Fast, strong pulse
  • Headache
  • Dizziness
  • Nausea
  • Confusion
  • Losing consciousness (passing out)

引用:Centers for Disease Control and Prevention

熱中症

  • 体温が高い(39.444°Cまたはそれ以上)
  • 皮膚が熱い、赤い、乾燥している、または湿っている
  • 速い、強い脈拍
  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 混乱
  • 意識を失う(気絶する)

「熱中症になる」を英語で表現する

「熱中症」という英語がわかったところで、自分の症状を伝えられるようにしていきましょう。ここでは熱中症=heatstrokeとすることとします。

熱中症になったみたい。

I think I (    ) heat stroke.

I think I have heatstroke.

ネイティブの感覚としては、「熱中症になる」=「熱中症をもつ」という感じなんですね。「風邪をひく」=I have a cold.と同じ感じ。

また、I have heatstroke.のhaveの部分を少し変えて、I have gotten heatstroke.と表すこともできます。

さらにいろいろな例文を確認していきましょう。

熱中症になりかけた。

I almost (    ) heatstroke.

I almost got heatstroke.

熱中症になってひどい頭痛がした。

I (    ) heatstroke and a terrible headache.

I got heatstroke and a terrible headache.

熱中症で病院へ搬送された。

I was (    ) to hospital (    ) heatstroke.

I was taken to hospital with heatstroke.

「熱中症にかかっている」という意味ではhave heatstroke、「熱中症にかかる」という意味ではget heatstrokeとなるので、haveとgetの使い分けにも注意しましょう。

「熱中症に気をつけて」は英語でなんていう?

「熱中症になっちゃった」ってなる前に、熱中症にならないようにすることがなによりも大事。

そこで、「熱中症に気をつけて」を表す英語もあわせて確認してきましょう。

熱中症に気をつけて。

(    ) out for heatstroke.

Watch out for heatstroke.

気をつけて。熱中症になっちゃうかもしれないから。

Be (    ). You could (    ) heatstroke.

Be careful. You could get heatstroke.

熱中症予防のための英語

熱中症予防のために、Centers for Disease Control and Prevention (CDC=米国の疾病対策センター)は次のように呼びかけています。

引用:Centers for Disease Control and Prevention

STAY COOLは「涼しい場所にいよう」、STAY HYDRATEDは「水分補給をしよう」、STAY INFORMED「情報集をしよう」と意味です。

この中に出てくる、avoid direct sunlight(直射日光を避ける)、drink more than usual(ふだんより多く水分をとる)という表現もあわせておぼえておくと良さそう!

まとめ

年々暑さが増して熱中症にかかってしまうひとが多くなっているような気がします。安全に過ごして夏に負けないようにしてきましょう。

熱中症
  • 熱中症になる=have heatstroke, get heatstroke
  • 熱中症に気をつけて=watch out for heatstroke

▼参考:万が一のときに備える英語

【短い英語で緊急時に】地震・台風・火事など災害時に助け合うための英語表現いきなりですが、ちょっと想像してほしいんですが、例えばリオのカーニバルや本場のサッカーを見に、はるばる日本からブラジルに旅行に行ったとし...
「不要不急」とその反意語・対義語をネイティブ英語で表現する台風や暴風のときや、ウイルスの感染力が強く人の接触が危険なときなどに、わたしたちは不要不急の外出をすべきではありません。 ところで...
「自粛する」や「外出自粛」をネイティブ英語で表現する【refrainじゃない!?】感染症が流行したときや台風などの自然災害が起きたときなど、わたしたちは自分たちの意志とは反して自粛をしなければいけないときがあります。 ...