受験に出る英語

【ネイティブの感覚】「見る」を表す英語!see・look at・watchの違い

「テレビを見る」を表すのはwatch、「写真を見る」はlook atなど、英語を丸暗記で覚えていませんか?

語学学習において、だれかが使っていた表現をマネするのはとっても大事。テキストに出てきた例文を覚えることも、英語力をアップさせる手段としてはとても有効です。

だけど今回は、丸暗記で覚えていたsee・look・watchの使い分けを、ネイティブの感覚で理解していきましょう。

解説

今回は、ロングマン英英辞典で意味を比較しながら、単語のもつニュアンスを確認してきましょう。

see


ロングマン英英辞典には

see

to notice something with your eyes, usually without planning to

訳:意図せずに目で認識すること

と書かれています。

ぼーっとしててなにかが目に入ってくることとか、偶然だれかに会ったりすることってありますよね?seeはそんな感覚で使います。

I saw your brother at the party yesterday.

(昨日パーティであなたのお兄さん見たよ)

Have you seen my pen anywhere?

(わたしのペンどこかで見た?)

look at


ロングマン英英辞典には

look at somebody/something

to keep your eyes pointed toward someone or something, especially someone or something that is not moving

訳:特に動かない人やモノに対して、目を向けること

と書かれています。先ほどのseeと違うのは、”意識的に”なにかを見るということにあります。

What are you looking at?

(なに見てるの?)

Looking at the stars through a telescope is fun.

(望遠鏡で星を見るのはおもしろい)

watch


ロングマン英英辞典には

watch

to look at someone or something for a period of time and pay attention to what is happening

訳:一定の時間人やモノを見て、なにが起こるか注意を払うこと

と書かれています。

「意識的になにかを見る」というニュアンスはlookと同じですが、lookとの違いは見ているものの動きや状態に注目していること、といえます。

We watched a baseball game on TV.

(わたしたちはテレビで野球の試合を見た)

She stood by the tree watched the children play.

(彼女は木陰に立って子供たちが遊んでいるのを見た)

まとめ

「使い分けを間違えたらはずかしいな」とか思う必要は一切なし!だって間違えても言いたいことは伝わるから。

でも「あれ?どの単語を使ったらいいんだろう?」って迷ったときの参考になるとうれしいです。

see・look at・watchの違い

see
意図せずに目で認識するニュアンス

look at
特に動かない人やモノに対して、目を向けるニュアンス

watch
一定の時間人やモノを見て、なにが起こるか注意を払うニュアンス