現在ブログ移転中につき表示が一部乱れています。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

「見る」を表すsee・look at・watchの違い!教材編集者がネイティブの感覚をわかりやすく解説!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

「テレビを見る」を表すのはwatch、「写真を見る」はlook atなど、英語を丸暗記でおぼえていませんか?

今回は、丸暗記でおぼえていたsee・look at・watchの使い分けを、ネイティブの感覚で理解していきましょう。

目次

see

to notice something with your eyes, usually without planning to.

引用:ロングマン現代英英辞典

意図せずに、目で何かに気づくこと。

観察しているわけではないけれど目に入ることってありますよね?seeはそんな感覚で使います。

I saw your brother at the party yesterday.

昨日パーティであなたのお兄さん見たよ。

Have you seen my pen anywhere?

わたしのペンどこかで見た?

I can see the sea from up here.

ここから海が見える。

look at

to keep your eyes pointed toward someone or something, especially someone or something that is not moving

引用:ロングマン現代英英辞典

特に動かない人やモノに対して、目を向けること

look atが先ほどのseeと違うのは、”意識的に”なにかを見るということにあります。

What are you looking at?

なに見てるの?

He looked at the map.

彼は地図を見た。

Looking at the stars through a telescope is fun.

望遠鏡で星を見るのはおもしろい。

関連記事:日本人が知らないlookの使い方についてはこちらをチェック!

watch

to look at someone or something for a period of time and pay attention to what is happening

引用:ロングマン現代英英辞典

一定の時間人やモノを見て、なにが起こるか注意を払うこと

「意識的になにかを見る」というニュアンスはlook atと同じですが、look atとの違いは、一定の時間の見ること、そして見ているものに動きや変化があること、といえます。

We watched a baseball game on TV.

わたしたちはテレビで野球の試合を見た。

She stood by the tree and watched the children play.

彼女は木陰に立って子供たちが遊んでいるのを見た。

A: Do you want to play?
B: No thanks. I’ll just watch.


A: プレーしたい?
B: ううん、見ておくだけにするよ。

see / look at / watchの図解

ここまでの解説をまとめます。

英語はイメージで理解することが大事。

see/look at/watchについては、次のような感覚をもっておきましょう。

まとめ

「使い分けを間違えたらはずかしいな」とか思う必要は一切なし!だって間違えても言いたいことは伝わるから。

でも「あれ?どの単語を使ったらいいんだろう?」って迷ったときの参考になるとうれしいです。

see・look at・watchの違い

  • see:意図せずに目で認識するニュアンス
  • look at:特に動かない人やモノに対して、目を向けるニュアンス
  • watch:一定の時間人やモノを見て、なにが起こるか注意を払うニュアンス

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる