学生の勉強法

【大学入学共通テスト】リーディングはスキミング・スキャンニングで勝負!?

2020年1月に、1990年から長きに渡り実施されてきた「大学入試センター試験」が終了し、2021年1月からは、「大学入学共通テスト」が実施されます。

2018年11月には2回目となる共通テスト試行調査(プレテスト)が実施されており、その問題が公開されているので、リスニング・リーディングとも分析してみました。

というか、編集という業務上、プロレベルで徹底的に傾向と対策を考え抜きました。

あわせて読みたい
【大学入学共通テスト】リスニングに特化した対策をすると点数は伸びません2020年1月に、1990年から長きに渡り実施されてきた「大学入試センター試験」が終了し、2021年1月からは「大学入学共通テスト」が実...

リスニングについては、徹底的に解析しているんですが、リーディングについてちょっと思うことがあるので、このブログにまとめます。

リーディングの傾向

概要

試験時間・配点

試験時間80分/配点100点(ちなみに、リスニングも同じく100点なので、「読めればいい」といった時代は終わったと言えるでしょう。)

全体概観

身近なものをテーマに、ディベートやプレゼンの準備を想定した出題をするなど、「実際的・実用的」な設定も目立ちます。また、「思考力・判断力・表現力」を測るべく複数の情報を照らし合わせる問題も増え、正解が1つだけでない問題も含まれています。これらは新しい学習指導要領を反映した内容と言えるでしょう。

引用:日本速脳速読協会

センター試験との違い

総単語数が約4200語→約5400語にアップ
発音、文法、語法問題がなく、すべて長文読解に
設問がすべて英語
日本語注釈が存在しない
答えが1つとは限らない問題が出題

引用:日本速脳速読協会

▼参考:第2回試行調査の問題や解答はここからダウンロード!!

設問別分析

これ、ちゃんと分析しようと思うと、リスニングと同じようにしっかり設問別に分析することも可能です。こちとらプロなんで。

でもあえて言わせてください!!

はっきり言って、2回目の試行調査どおりだったら分析する価値なし。

だって傾向全部同じだから。

難易度は高くない。

ただめちゃめちゃ読む量が多い。

以上。

センター試験ほどしっかり内容を読み込まなくても、「ふーん、こんなこと書いてあるのね」って概要がつかめれば深く考えなくても、正解できます。

あくまでも、「試行調査と同じ方針の問題が出題された場合」に限ります。
共通テスト本番で凝った問題が出ないとは断言しかねます汗。

リーディングの対策

前述の通り、共通テストは、読解力の問題というよりも、多くの情報を短時間で処理する”問題処理能力”の問題になってくるので、スキミングやスキャニングの技術を持ち合わせておくと、有利になるように思います。

スキミング

skimには「液体などの表面から何かをすくい取る」という意味があるんですが、ここから派生した言葉がスキミングで、拾い読み・流し読みをする技術のことを指します。文章全体を流し読みしながら、その文章が主に何を言いたいのかをつかんでいきます。

英文の場合は、文章の出だしで重要な用件が伝えられていたり、各段落の一文目にその段落の要点がまとめらていることが多いので、はじめをちょっと丁寧に読んで、あとはさらさら目を通していくのがいいでしょう。

共通テストの場合は、ほんとにさらっと全体の雰囲気をつかめるだけで、だいぶ得点できる気がします。

様々な文章を読みこなしておく経験が、スキミングに役立ちます。

過去に読んだことあるのと似た内容だったり、知ってる分野の話題だったりすると、文章って読みやすいですよね?

スキャニング

英語のscanには「ざっと見る」という意味がありますが、リーディングの際のスキャニングも同じで、キーワードになりそうな語句や関連がありそうな部分をざっと見で探す技術です。

ポスターやチラシなどの文字情報、あとは表やグラフの問題が出てきたときにこの手段がとっても有効です。

関係ありそうなとこにいかに早く目をつけるかが勝負になってきます。

英語力そのものよりも、英語で書かれた資料を見慣れているということが勝負の分かれ目かも。

まとめ

「大手予備校とかにはもっと詳しい分析が載ってるよ。手抜いたんじゃないの?」と思うひともいるかもしれません。

が、しかし、そんな表面的な解説をしても、読むほうも時間取られるし、実質役に立たない変な安心感だけ得ても意味ないですよね?

だったらその分の時間、勉強しよ?

共通テストのリーディング対策
  • 内容は深くない。
  • 短時間で速く処理することがすべて。