現在ブログ移転中につき表示が一部乱れています。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

ネイティブの発想!「おすすめ」はrecommendを使わなくてもshouldで表現できる

URLをコピーする
URLをコピーしました!

例えば、おすすめのレストランがあるときに、I recommend that restaurant.(わたしはあのレストランをお薦めします)っていうことができます。

でも実は、recommendを使わなくても「おすすめ」って表現できるんです。

目次

recommendの定義を確認

そもそもrecommendっていう英語、カタめなんですよね。

ジーニアス英和辞典第5版では、recommendは次のように定義されています。

①推奨する、推薦する

②奨励する、勧める

引用:ジーニアス英和辞典第5版

「推奨する」とか「推薦します」とかカタい・・・。

ふだんの会話で「私はあのレストランを推薦します」ってあんまり言わないですよね?実はネイティブはもっと簡単な英語を使っています。

recommendの代わりに使えるshould

動詞のrecommendの代わりに、助動詞のshouldを使って「おすすめ」を表現することができます。

should=「~すべきだ」と習うことが一般的ですが、shouldって本当はもっとやわらかい表現なんです。

たとえば、「あのレストランおすすめだよ」って言いたいときは、次のように言うことができます。

You should go to that restaurant.

あのレストランに行ってみたほうがいいよ。

You should visit that restaurant.

あのレストランに訪れてみたほうがいいよ。

You should try that restaurant.

あのレストランを試してみたほうがいいよ。

まとめ

英会話をするときに「お薦めする」っていう動詞ってなんていうんだっけ?って悩む必要なし!!これからはshouldを使い倒してあなたのお薦めを伝えていきましょう。

おすすめを表す英語

  • should

▼参考:助動詞を使いこなそう

あわせて読みたい
It will rain.とIt is going to rain.の違いはなに? It will rain.とIt is going to rain.は、文法的にはどちらも正解です。 でも使うべきシーンは変わってきます。 【willのニュアンス】 助動詞willは「~だろう」という...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる