ネイティブの英語

【簡単な英語】「おすすめ」はrecommendを使わなくてもあの助動詞で表現できる

例えば、おすすめのレストランがあるときに、I recommend that restaurant.(わたしはあのレストランをお薦めします)っていうことができます。

でも、recommendって単語、すぐに出てこなくないですか?言いにくいし・・・。

そもそもrecommendっていう英語、カタめなんですよね。

ジーニアス英和辞典第5版では、recommend

①推奨する、推薦する ②奨励する、勧める

と定義されています。(太字のみ抜粋。)カタい・・・汗

実はネイティブはもっと簡単な英語を使っています。

LESSON

それが、助動詞の授業で習うshould

should=「~すべきだ」と習うことが一般的ですが、shouldって本当はもっとやわらかい表現なんです。

たとえば、「あのレストランおすすめだよ」って言いたいときは

You should go to that restaurant.
あのレストランに行ってみたほうがいいよ。

You should visit that restaurant.
あのレストランに訪れてみたほうがいいよ。

You should try that restaurant.
あのレストランを試してみたほうがいいよ。

のように言います。

英会話をするときに「お薦めする」っていう動詞ってなんていうんだっけ?って悩む必要なし!!

これからはshouldを使い倒してあなたのお薦めを伝えていきましょう。

まとめ

「おすすめ」を表す助動詞はshould