日常生活の中にある英語

「人を見た目で判断するな」を英語で表現する

第一印象が悪かった相手でも、ちょっと人柄を知ってみると意外といいひとだったり、ときには大親友になれることがありますよね。

「人を見た目で判断するな」というのがこういう状況にぴったりの教訓だと思うんですが、英語だとことわざっぽく表現できます。

「人を見た目で判断するな」をネイティブ脳で発想する

「人を見た目で判断するな」とは、その言葉のとおり

こんな怖そうな見た目のお兄ちゃんが、実は

こんなやさしい青年なパターンもあるから、人を髪型とか服装とか第一印象とかそういうので判断しちゃいけないよっていうことですよね。

英語の場合は

このお兄ちゃんではなく

こんなイメージで表現します。

「人を見た目で判断するな」を英語で表現する

基本問題

次の日本語を英語の直しなさい。

人を見た目で判断するな。

Never judge a book by its (   ).

解答&解説

Never judge a book by its (   ).を日本語訳すると、「本をその(   )で判断するな」となります。

本を何で判断してはいけないんでしょうか?

この言葉が使えるのは本屋さんというよりは図書館かな。あとは古本屋さんなんかでも使えると思います。

本の(   )はイマイチだったけど、読んでみたらめちゃめちゃいい本じゃん!!ってことありますよね。

そして、そもそもこの問題の基本に立ち返ってみると、「見た目で判断してはいけない」ということを言いたいわけです。本の見た目=本の(   )と言い換えられますが、(   )に入るのはなにかを考えてみましょう。

答えが思い浮かびましたか?

(   )に入る言葉はカバーです。

正解は、Never judge a book by its cover.となります。

発展問題

「人を見た目で判断するな」を英語でさらっと言えるように練習しておきましょう。

次の日本語を英語の直しなさい。

人を見た目で判断するな。

Never (   ) (   ) (   ) (   ) (   ) (   ).

解答&解説

Never judge a book by its cover.

byは、手段を表すbyです。合わせてチェックしておきましょう。

まとめ

英語では比喩表現として本を用いる。

人を見た目で判断するな
  • Never judge a book by its cover.