現在ブログ移転中につき表示が一部乱れています。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

「~してね」のhopeとwish!違いをわかりやすく解説します【We wish you a Merry Christmas】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

hopeもwishもどっちも「~してね」のような意味で使う気がするけど、その違いはなんだろう?

wishは叶わない願いのときに使うっていうけど、We wish you a Merry Christmas and a Happy New Year!(よいお年を迎えてね!)っていうよね?

「~してね」を表すhopeとwishの使い分けを整理しておきたいと思います。

hopeやwishにはいろいろな使い方がありますが、ここでは「~してね」の意味で使う場合に言及しています。

目次

hopeとwishの違い

hopeの使い方

「~してね」を表すとき、hopeは<hope+主語(人)+動詞>の形で使います。

言い換えれば、hopeのあとには文がくるっていうことですね。

I hope you have a great time.

素敵な時間を過ごしてね。

wishの使い方

「~してね」の意味でwishを使うとき、wishは<wish+人+物>の形で使います。

We wish you a Merry Christmas and a Happy New Year! もこの形です。

I wish you every happiness in your new job.

新しい職場での幸せ(=ご活躍)をお祈りしています。

hopeとwishを使いこなそう

次の文にはhopeとwishのどちらが入るのか、ルールに従って考えてみましょう。

まとめ

hopeとwishは、あとにとる形が違う。

「~してね」のhopeとwish

  • hope+主語(人)+動詞
  • wish+人+物

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる