日本人が間違いやすい英語

【教材編集者が徹底解説】almost / most / most of / mostlyの使い分け

早速ですが、次の問題を解いてみましょう。

次の日本語を英語にするときに、最も適切な語句を選び、記号で答えなさい。

彼はほとんど毎日一生懸命英語を勉強しています。

He studies English hard (    ) every day.

① almost   ② most
③ most of   ④ the most

一瞬でも迷ってしまったり、直感で選んでみたけどなんでそうなるか理由がわからない場合は、解説を読んで整理しよう!

基本解説

almost

almostは、「ほとんど」という、程度を表す副詞です。

副詞なので、動詞や形容詞を修飾します。

I’m almost finished.

もうほとんど終わったよ。

I almost cried.

ほぼ泣いた。(=泣きそうになっちゃった。)

What he said is almost true.

彼の言ったことはほとんど正解だよ。

most

mostは「大部分の」「たいていの」のという意味を表す形容詞です。

「ほとんどの」っていう日本語には訳せないの?っていう疑問をもったそこのあなた!もちろん訳せます。だってほぼ意味同じだから。

で、形容詞なので、名詞を修飾します。

Most Japanese people like rice.

ほとんどの日本人は米が好きだ。

I like most movies except horror ones.

わたしはホラー映画を除いてほとんどの映画が好きだ。

most of

most ofのmostは先ほどのmostと同じように「ほとんどの」という形容詞に見えますが、実は代名詞です。「ほとんど」「ほとんどの人」「ほとんどのもの」という意味になります。

だから、もし「ほとんどの~」ってしたい場合は、「~の(うちの)ほとんど」と表すという逆転の発想をして、most of ~とする必要があるんですね。

ちなみに、このmost of ~は、特定・限定された中での大部分を表します。

Most of my friends are married.

ほとんどの友達は結婚している。

I’ve met most of the people here.

ここにいるうちのほとんどの人に会ったことがある。

mostly

mostlyは「大部分は」「たいていは」というように数や量、割合を表す副詞で、動詞・形容詞を修飾します。

most(形容詞)にlyがついて、副詞になった形ですね。

I agree mostly with my wife.

私は妻の意見にほとんど賛成している。

Looks like it will be mostly cloudy.

今日はほぼ曇りっぽいな。

徹底解説

ここで、日本人がうっかり間違いやすい「ほとんど」の使い方を確認していきましょう。

ほとんど毎日

まずはこの記事の冒頭の問題から。

彼はほとんど毎日一生懸命英語を勉強しています。

He studies English hard (    ) every day.

① almost   ② most
③ most of   ④ the most

(    )が修飾する語句はevery dayで、副詞です。

「毎日」って訳すと名詞っぽいけど、「毎日~をする」っていうように使う場合は副詞だから要注意!

ということで、選択肢の中だと副詞を修飾できるのはalmostしかないので、① almostを選ぶのが正解です。

~をほとんど読んだことがある

わたしは村上春樹の小説はほとんど読んだことがあります。

I’ve read (    ) Murakami Haruki’s books.

① almost   ② most
③ most of   ④ mostly

日本語につられず、ちゃんと英語で考えることが大事!

(    ) Murakami Haruki’s booksで「ほとんどの村上春樹の本」という意味になるようにします。全体としては「ほとんどの村上春樹の本を読んだことがある」となればいいわけですね。

Murakami Haruki’s booksという限定的な名詞を修飾するので、③ most ofを選びましょう。

ほとんどすべての

ほとんどの人が休暇を旅行に使うのが好きだ。

(    ) all people like to spend their holidays travelling.

① Almost   ② Most
③ Most of   ④ The most

ここでの(    )はpeopleではなく、allに係っています。allは副詞なので、① almostを選びましょう。

もし② mostを使いたい場合は、allをとってMost people like… にすればOK。

また、③ most ofを使いたい場合は、限定する名詞がこないといけないのでtheをつけて、Most of all the people like… にしましょう。

まとめ

「副詞だから・・・」とか「限定的な名詞がこないといけないから・・・」とかっていう難しいことを考える必要は本当はないんだけど、使いこなせるようになるためにはたまには理屈も大事。

使い分けがわかったら、あとは話したり書いたり、ガンガンつかっていきましょう。

ほとんど
  • almost:程度を表す副詞。動詞や形容詞を修飾
  • most:形容詞。名詞を修飾
  • most of:mostは代名詞。限定的な名詞を修飾
  • mostly:数・量・割合を表す副詞。動詞や形容詞を修飾