意外と知らない英語

社交辞令の「機会があれば」「また今度」の英語!if ~ have chanceはちょっと違うかも!?

「異性に食事やお茶に誘われたけど、そこまで距離詰めたいわけでもないしな・・・」とか、「職場のひとに仕事後に1杯って誘われたけど、ぶっちゃけ行きたくないな・・・、でも断れないしな・・・」とか。

こんな状況のときに角を立てない便利な断り方が「機会があれば」「また今度」ですが、こういう表現って日本語だけでなくて、英語にもあるんです。

そこで今回は、ネイティブはどんな表現を使うのか、紹介していきます。

社交辞令を表す英語

「機会があれば」「また今度」を表すとき、ネイティブは「もしかしたらまた今度ね」という発想で、maybe next timeという表現を使います。

その場しのぎ的に使える鉄板表現なので、これを使ったときに本当に「next timeはあるんだ」と思うネイティブはほぼいません。日本人が「またの機会はないんだろうな」「また今度って10000年後ぐらいなんだろうな」と思うのと同じ感覚です。

ちなみに、maybe next timeではなく、maybe some other timeでも同じように使うっことができます。

Do you want to go for a drink this weekend?
Umm…. Maybe next time.

今週末飲みに行かない?
うーん、また機会があればお願いします。

Why don’t we Netflix and chill tonight?
Not tonight. Maybe some other time, ok?

今夜うちでゆっくりしない?
今夜はないかな。また今度ね?

本当に次を望んでいる場合の英語

今回はタイミングを逃しちゃったけど、本当に次は行きたいなと思っているときは、maybe next time(maybe some other time)を使いません。

本当に乗り気だということを表す英語に、rain checkという表現があります。これおぼえておくと本当に便利です。

ネイティブが使うrain checkの意味と使い方を編集者がわかりやすく解説します洋画や海外ドラマを見ていると、雨が降っているわけでもないのに出てくるrain checkという表現。 この意味は、rainやche...

まとめ

英語圏のひとも、遠まわしに断ることはある。

機会があれば・また今度
  • maybe next time / maybe some other time