日常生活の中にある英語

英文メールから学ぶ!round the clock の意味

英語のメールが届いてちょっと動揺してしまうことないですか?

管理人Aはかつて勤めていた会社のお偉いさんに「スパムメールがきてるんだけど、(英語に自信ないから)一応内容だけ確認してもらっていいかな?」といわれたことがあります。それでそのメールに目を通してみたら「あなたがたの会社の商品の著作権にお伺いしたいんですが・・・」という内容でした。

いやいや、スパムちゃうやん!ていうか、著作権処理とかうちの会社のメイン業務のひとつだし!みたいなね汗

英語で届いたメール、正しく理解したいですよね。

今回は、管理人Aに届いたメールの中に気になる表現があったのでメモしておきます。

届いたメールはこちら。

Hi there,

As an —— user, you know your site is protected from spam round the clock. But those aren’t the only threats your site may face.

今回のポイントは本文の1文目です。

As an —— user, you know your site is protected from spam round the clock.(ーーーのユーザーとして、あなたのサイトはround the clockでスパムから守られていることをご理解いただいていることと思います。)

round the clock?? 時計の回りで?

でも「時計の回りでスパムから守られている」って意味わからないですよね笑

round the clockは、英英辞典にはこう説明されています。

around the clock also round the clock
: throughout the entire day and night : every hour of the day

出典:Merriam-Webster’s Learner’s Dictionary

和訳
around the clockまたはround the clock
:昼も夜もずっと:一日のすべての時間

つまり、24時間っていうことですね。

ちなみに、メールの冒頭のHi thereは、家族や友達、同僚など仲の良い相手に対して「Hi」と同じ意味として使われるとてもフレンドリーな挨拶表現で、会話だけでなく、電話でもメールでも使うことができます。

実際に海外のショップなんかに入ると、May I help you?(いらっしゃいませ)よりもよく聞く表現なのでおぼえておいて損がない表現だと思います。

round[around] the clock=一日中ずっと、24時間