日常生活の中にある英語

「頭を冷やす」をネイティブ英語で表現する:海外ドラマ『ゴシップガール』

洋画や海外ドラマからは、基本的だけど驚くほど使える英語表現がたくさん学べます。

『ゴシップガール』を見ていたら、学校では教わらない、恋愛の別れ際に絶対使いそうな英語表現が出てきました。

あわせて読みたい
dumpだけじゃない!?恋愛の「振る」をネイティブ英語で表現する「彼女に振られたんだよ」「彼に振られそうで怖い」と友達や家族に相談することってありますよね?たぶん。 「振る」と一口に言っても、恋...

ゴシップガールとは?

『ゴシップガール』とは、低視聴率番組はすぐさま打ち切られるシビアなアメリカのTVドラマ界において、シーズン6まで放送され、アメリカのiTunesで最もダウンロードされたTVドラマの年間第1位に輝くなど、圧倒的な人気を見せつけた海外ドラマです。

 

▼参考:人物相関図はワーナー海外ドラマ公式サイトでチェック!

ドラマシーンでの cool off

ダン・ハンフリーが、一時期いい雰囲気になったジョージーナ・スパークスをふるシーンで次のセリフが出てきます。

Dan: But I think we should cool things off for a while.  Take a little break.

ダン:だけどしばらくの間お互いに頭を冷やしたほうがいいと思うんだ。少し距離を置こう。

cool things offは、直訳すると「物事を冷やす」という意味ですが、これが転じて「頭を冷やす」「冷静になる」という意味になります。

また、Take a little break. ですが、take a breakに「物事から一旦離れて休む」という意味があるので、ここから「少し距離を置こう」というように解釈できます。

cool offを使った英語表現

cool offは、次のような文の中で使うことができます。

I need some time to cool off.

ちょっと冷静になる時間をちょうだい。

She slammed the door and went for a walk to cool off.

彼女はドアをバタンと閉めて頭を冷やすために歩きに行った。

Our relationship has completely cooled off.

わたしたちの関係は完璧に冷め切っている。

まとめ

海外ドラマには使える英語がいっぱい。

頭を冷やす
  • cool things off