災害関連の英語

医療関連の記事や文献で使われるcaseの意味は?

caseというと、学校で習う意味は「場合」などですが、医療関連の記事や医学文献で使われるcaseをこの意味でとらえると「?」となってしまいます。

ここでは、意外な意味で使われるcaseについて紹介します。

caseの意味

おもいきってgoogleで検索をかけてみます。

たとえば2021年1月3日時点で「covid 19 cases」と検索窓に入力すると、次のような表示が確認できます。

↓ 英語で検索した場合

引用:google

↓ 日本語で検索した場合

引用:google

casesは日本語だと感染者数と表示されます。

caseの訳を「事例」というように勉強することがありますが、医療現場においては「事例」=「症状がある例、症例」=「感染者数」と解釈されていると考えることができます。

confirmの意味

「症例、感染者数」の意味で使われるcaseとあわせてよく使われるのがconfirmです。

たとえば、googleで「covid 19 cases confirm」と検索します。すると、WHOのサイトが上位に表示されるので、WHOのサイトを見てみます。

2021年1月3日時点では、次のように表示されます。

引用:WHO Health Emergency Dashboard WHO (COVID-19) Homepage

WHOによると、全世界では、中央ヨーロッパ時間の2021年1月2日午後2:34時点で、1,815,433人の死亡者数を含む、82,356,727人のコロナウイルス感染者数が確認されている。

82,356,727 confirmed casesというのは、直訳すると、「確認された82,356,727の感染者数」という意味で、confirmは「~を確認する」という意味をもちます。

まとめ

命に係わる情報を得るために必要な語句を知っておこう。

case / confirm

case=症例、感染者数