現在ブログ移転中につき表示が一部乱れています。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

「日が短くなる」は英語なんていうの?編集者がくわしく解説します

URLをコピーする
URLをコピーしました!

「日が短くなる」をぱっと英語でいえますか?

中学校までに習う単語と文法を使えば(単語は小学校レベルでもいけるかも)2通りの表現ができます。

単語と文法の組み立て方を学んで、英語力を高めていきましょう。

目次

The days get shorter.

ネイティブがよく使う「日が短くなる」の表現がThe days get shorter.

この場合のdayは「一日」ではなく、night(夜)の反意語のday(日中)です。また、getは「~になる」、shorterはshortの比較級で「より短い」。

つまり、get shorterは「(日が長い夏と比べて日が)より短くなる」を表します。

解釈

The days get shorter.
日中がより短くなる。(=日が短くなる。)

「秋は日が短くなります」という一般論を表現する場合には、現在形が使えます。

The days get shorter in fall.

秋は日が短くなります。

「日が短くなってるね」だったら、進行形を使えます。

The days are getting shorter.

日が短くなってるね。

It gets dark earlier.

もう1つ押さえておきたい表現が、It gets dark earlier.

getは、さっきと同じで、「~になる」のget。earlierはearlyの比較級で「より早く」を表します。つまり、get(s) dark earlierで「より早く暗くなる」ですね。

そして、「より早く暗くなる」=「日が短くなる」を表している、というのがポイント。

解釈

It gets dark earlier.
より早く暗くなる。(=日が短くなる。)

そしてここからがちょっと複雑なんですが、It gets dark earlier. は「日が短くなる」という一般論も「日が短くなっている」という現在進行形の状況もどちらも表すことが可能です。

It gets dark earlier in fall.

秋は日が短くなります。

It gets dark earlier now.

このところ日が短くなってるね。

もちろん現在進行形を使っても、現在進行形の状況を表せます。

It’s getting dark earlier now.

このところ日が短くなってるね。

まとめ

基本単語と基本文法を組み合わせることができれば、幅広い英語表現ができる。

日が短くなる

  • The days get shorter.
  • It gets dark earlier.

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる