日常生活の中にある英語

世界一簡単な英語で「~する日が来るだろう」を表現する

「~する日が来るだろう」という英語、いくつ思い浮かびますか?

The day will come when ~しか思い浮かばなかった?実はもっともっとシンプルな表現があるんです。

「~する日が来るだろう」の英語表現

問題:「人々が宇宙旅行に行く日が来るだろう」を世界一簡単な英語で表現してみましょう。

「~する日が来るだろう」を英語で表現してみよう、というと、受験英語をがんばって勉強してきたひとがまず思い浮かぶ英語は

The day will come when people will travel into space.

かと思います。

この文法は関係副詞というところで勉強するもので

という文がもとになっているんですが、主語と動詞が離れているとわかりにくいので、

となったものです。

また、これに近い考え方で、「人々が宇宙旅行に行く日はそう遠くない」とすると

The day is not so far off when people will travel into space.

と表現することもできます。

しかし!!!いずれにしても複雑ですよね・・・。

そこでもっと柔軟に日本語のいいたいことを考えると、

「~する日が来るだろう」

「(近いうちに)~するようになるだろう」

ということですよね。

これより、「人々は近いうちに宇宙旅行に行くようになるだろう」と考えて

People will travel into space someday.
People will travel into space in the future.

と表現することができます。

また、

「~する日が来るだろう」

「~するようになるまではそう遠くないだろう」

と考えるなら、「人々が宇宙旅行に行くようになるまではそう長くはないだろう」とできるので

It won’t be long before people travel into space.

とすることもできます。

まとめ

英語は1通りではない!言いたいこと、伝えたいことの本質はなんなのかを考えて、柔軟に表現できるようにしていこう。

~する日が来るだろう
  1. People will travel into space someday[in the future].
  2. It won’t be long before people travel into space.
  3. The day will come when people will travel into space.
  4. The day is not so far off when people will travel into space.

※ランクは独断と偏見による簡単だと思う順。

▼参考:柔軟な発想で英語を表現しよう。

世界一簡単な英語で「決して~な人ではない」を表現しよう英語構文をがんばって勉強したりしていると「決して~な人ではない」という表現がよく出てきます。 これ1パターンじゃなくて、何パターン...