意外と知らない英語

簡単なはずなのに難しい”no notes”の意味

洋画や海外ドラマをみていると、no notesという表現を聞くことがあります。

noとnoteという簡単な単語の組み合わせなのに、けっこう難易度が高い表現なので、まとめておきたいと思います。

no notesの意味

noteは、演劇のリハーサルで監督が俳優にする提案や指摘を意味します。

no notesになった場合は提案や指摘がなにもないということなので、これより「文句なし」「完璧」「気に入った」のようなニュアンスになります。

no notesの例文

You did a great job! No notes!

よくやった!申し分ない!

まとめ

no notes
  • 文句なし、完璧だ、気に入った