日常生活の中にある英語

SNSでも使えるこなれた英語表現!music to my earsの意味を解説

洋画や海外ドラマ、SNSを見ていると、music to my earsという表現にふれることがあります。

実際にイングリッシュスピーカーはどんなふうにmusic to my earsを使っているのでしょうか。

music to my earsの意味

music to my earsは直訳すると「わたしの耳にとっての音楽」となり、ここから転じて「それは私の耳には音楽のように心地よい」となります。

さらには、「それが聞けてうれしい、楽しい、最高」のようにも使うことができます。

music to my earsの使い方

実際イングリッシュスピーカーはどんなふうにmusic to my earsを使っているのか、実際にSNSをのぞいてみましょう。

まとめ

SNSで検索してみるとリアルな使い方を学べることがあるので、気になる英語フレーズがあったらちょっと調べてみてもいいかも。

music to my ears
  • 私の耳には音楽のように心地よい

▼参考:SNSで学べる英語

宇多田ヒカルから学ぶ英語!Fの意味は?図書館で借りた本ってなんていうの?宇多田ヒカルさんがTwitter上でつぶやいた一言。 シンプルな文の中にも、英語学習者が学ぶことがいっぱいあるなと感じたので、簡単...
Bruno Marsから学ぶ英語!「時がきたら」「時期がきたら」を英語で表現するBruno MarsのTwitterがとっても紳士的で思いやりにあふれていたんですが、その中に日常会話でも使える「時がきたら」「時期がき...

▼参考:「裏垢」の言い方もあわせてどうぞ

インスタとかで使う「裏垢」「本垢」の英語スラングはなに?SNSで使う「裏垢(=裏アカウント)」や「本垢(=本アカウント)」ってなんていうんだろう? ちょっと調べてみたので、まとめてみます...