主語・動詞・基本文型

【わかりやすい英文法】自動詞と他動詞の見分け方

英語の文には動詞が必ず1つ入ります。主語が入らないことはありますが、動詞が入らないことはありません。

英語の文をつくるうえで動詞はとっても大切な要素。

そして、「自動詞」「他動詞」も、英語の基礎を固めるうえでは必ず理解しておきたい項目です。

前提

動詞の種類

まず、動詞の種類について確認していきましょう。

英語の動詞は、be動詞と一般動詞の2種類に分けられます。

be動詞 一般動詞
be go live have make など無限大

これだけ。

beは文脈によって、amとかisとかに変わったりします。

be動詞

では、be動詞についての確認です。

be動詞は、前後をつなぎ、「A=B」という状態を表します。

例えば、

I am Taro.(僕はタロウです)

という文は、「I = Taro」だということを意味します。

ここでもまだ「自動詞」「他動詞」は関係ありません。

一般動詞

次に、一般動詞について確認していきます。

一般動詞は、おもに動きを表します。

例えば、run・live・have・makeが、一般動詞です。

I / run / every morning.

わたしは / 走る / 毎朝

I / live / in Japan.

わたしは / 住んでいる / 日本に

I / have / a pen.

わたしは / ~を持っている / ペン

I / love / you.

わたしは / ~を好きだ / あなた

「自動詞」「他動詞」とは

さて、一般動詞のところでなにかお気づきでしょうか?

前半の2つが、go(行く)とlive(住んでいる)となっているのに対して、後半の2つはhave(~を持っている)とlove(~を好きだ)となっていますよね?

「~を」が入っているかどうかが、自動詞と他動詞の分かれ目になります。

もし、後半の1つめの文のpenが消えて

I / have / a pen.

わたしは / ~を持っている / ペン

「わたしは~を持っている」って言われたら、「何持ってるの?」と聞きたくなりますし、

後半の2つめの文のyouが消えて

I / love / you.

わたしは / ~を好きだ / あなた

「わたしは~を好きだ」って言われたら、「だれのことが好きなの?」と問い詰めたくなりますよね(?)

このように、”他”の要素(上の例では、a penやyou)がないと文が成り立たなくなってしまう”動詞”を「他動詞」といいます。

逆に、go(行く)とlive(住んでいる)のように、”自”分だけで成り立つ”動詞”を「自動詞」といいます。

「自動詞」と「他動詞」はどっちが多い?

動詞の中で標準的なタイプは”他”の要素を必要とする「他動詞」です。逆にいうと、少数派なのが”自”分だけで成り立つ「自動詞」。

だから、「自動詞」と「他動詞」のどちらに注意して覚えたらいいかというと、「自動詞」の動詞を覚えればいいわけです。

「自動詞」を地道に覚えていって、残った動詞は全部「他動詞」として処理するというのが、「自動詞」「他動詞」を上手に使いこなすコツです。

まとめ

「自動詞」と「他動詞」という概念は、日本語にはないので、慣れるまでは苦労するかもしれません。

ネイティブではない限り、100%完璧に使いこなせるということはないと思います(涙)(実際わたしも、長年教材編集をしていても迷うことがあります。)

だから、「間違えたらどうしよう」って不安になる必要はまったくありません。

でもやっぱり、ワンランク上の英語を目指したいですよね。

“自”分だけで成り立つ”動詞”(自動詞)と、”他”の要素を必要とする”動詞”(他動詞)があるということを、まずはしっかりと理解しましょう。

自動詞と他動詞
  • 自動詞=”自”分だけで成り立つ”動詞”
  • 他動詞=”他”の要素を必要とする”動詞”